2014.05.10

ラツィオ戦に臨むインテル指揮官「ダービーでの敗戦は私の責任」

マッツァーリ
マッツァーリ監督がラツィオ戦の展望を語った [写真]=Getty Images

 10日に行われるセリエA第37節で、日本代表DF長友佑都所属のインテルとラツィオが対戦する。

 第36節までに勝ち点57を積み上げ、5位につけているインテルは、リーグ戦残り2試合にヨーロッパリーグ出場権確保を懸ける。ホーム最終戦を前に、ヴァルテル・マッツァーリ監督が展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 マッツァーリ監督は、「ダービーでの敗戦(前節のミラン戦、0-1)に続いて、我々は次の試合で全く違うパフォーマンスを見せることを目指して、準備を進めてきた。ミラン戦での我々は思い通りにプレーしなかったし、力を発揮することができなかったんだ。雪辱を果たしたいという気持ちで、ラツィオ戦に臨むよ。ダービーはあくまでも私の責任。アクシデントだったということを示したい」と、話した。

 そして、「現時点でのメインの目標は、チームの士気を最高に高めて、ラツィオ相手にすばらしい試合をすること。私は常にチームのためにベストを尽くしてきたと感じているし、悔いはない。決算は、シーズンが終わってからやることにしよう」と、語った。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る