FOLLOW US

自動昇格圏内の2位とは「6」ポイント差…田中碧が“1部行き”へ闘志「チャンスはある」

2024.02.27

ドイツ2部のデュッセルドルフで活躍する田中碧 [写真]=Getty Images

 デュッセルドルフに所属する日本代表MF田中碧がトップリーグ昇格への意気込みを語った。26日、ドイツ紙『ビルト』がコメントを伝えている。

 田中が所属するデュッセルドルフは2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)でここまで23試合を消化し、10勝6分7敗の成績で勝ち点「36」を獲得。現在は1部自動昇格圏内の2位ホルシュタイン・キールと「6」ポイント、昇格プレーオフ出場圏内の3位ハンブルガーSVと「5」ポイント差の7位につけている。現地時間25日に行われた第23節ではハンザ・ロストックに2-0で勝利し、田中も今シーズン6点目となる強烈なミドルシュートを叩き込んだ。

 今シーズンの2.ブンデスリーガも残すところ11試合。今後は5位ハノーファーや3位ハンブルガーSVとの直接対決が控えており、トップリーグ昇格に向けて負けられない戦いが続く。田中はハンザ・ロストック戦の勝利を「この勝利は自信に繋がります。昇格したいからこそ、この試合に勝つ必要がありましたし、これからも勝ち続けなければなりません」と振り返りつつ、シーズン終盤戦と1部昇格に向けた意気込みを次のように語った。

「僕らにとっては良い試合だったけど、次の試合に集中する必要があります。次の2試合(ハノーファー戦とハンブルガーSV戦)が重要です。もちろん昇格は簡単なことではないけれど、それは自分たち次第だと思います。ハノーファーとハンブルガーSVに勝利すれば可能になるでしょう。良いプレーをすればチャンスはある。だからこそ、僕たちは自分たちのパフォーマンスに目を向ける必要があります」

「サッカー選手として物事が良くなることもあれば、悪くなることもありますし、それは当たり前のことです。僕が良いプレーをしても勝てなければ問題ですし、良いプレーをして勝てれば完璧です。勝利が必要なんです」

 今シーズンの行方を占う重要な2試合を控えているデュッセルドルフ。中盤の主軸として躍動する田中の活躍にも期待がかかる。

【PR】「ABEMA」なら
ブンデスリーガが無料視聴可能!

ABEMA

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、ブンデスリーガの無料配信は一部(毎節3試合予定)のため、厳選の好カードを堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムなら厳選された注目カードが楽しめる!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING田中碧のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO