FOLLOW US

頭をよぎるのは昨季の失望? レヴァークーゼンMFジャカに慢心なし「2位に8ポイント差は…」

2024.02.26

首位快走中のレヴァークーゼンで主力として活躍するジャカ [写真]=Getty Images

 レヴァークーゼンに所属するスイス代表MFグラニト・ジャカが、ブンデスリーガのタイトルレースについて言及した。25日、ドイツ紙『ビルト』がコメントを伝えている。

 レヴァークーゼンの勢いが止まらない。就任2年目のシャビ・アロンソ監督が率いるチームはブンデスリーガでここまで23試合を消化し、19勝4分の成績で勝ち点「61」を獲得。ヨーロッパリーグ(EL)とDFBポカールを含めた全公式戦で未だ無敗を維持しており、現地時間23日に行われたマインツ戦の勝利をもってシーズン開幕後33試合無敗というドイツ新記録を樹立した。

 昨年夏にアーセナルから加入したジャカは、ドイツ代表MFロベルト・アンドリッヒと3-4-2-1システムのダブルボランチを形成。ここまでブンデスリーガ全試合を含む公式戦通算31試合に出場し1ゴール1アシストを記録するなど、チームの中盤の主軸として存在感を放っている。

 現時点で2位バイエルンに「8」ポイント差をつけ首位を快走しているレヴァークーゼン。初のマイスターシャーレ(優勝チームに贈られるトロフィー)獲得への期待も高まっているが、31歳のスイス代表MFに慢心は一切ない。アーセナルの一員として戦った昨シーズン、プレミアリーグ29節終了時点でマンチェスター・シティに暫定「8」ポイント差を付けながらも最終盤に失速し、最終的に「5」ポイント差で優勝を逃した経験があるからだ。ジャカは来たるシーズン終盤戦に向けて次のようにコメントしている。

「僕らは首位に立っているし、今後もこの順位に留まるつもりだ。しかし、僕が思うにこのチームには何かを失う可能性もある。2位に『8』ポイント差を付けているのは当たり前のことではないからね。34試合を戦い終えた後に何が起こるかは決して分からないし、現時点でそれが分かるというのは大間違いだ」

 現在「8」ポイント差でレヴァークーゼンの背中を追うのが、ブンデスリーガ11連覇中の“絶対王者”バイエルン。昨シーズンは最終節でドルトムントを抜き去り、土壇場で逆転優勝を飾った。今シーズンは不安定な戦いが続いていると言えど、レヴァークーゼンにとって最も警戒すべき“ライバル”であることに変わりはない。

【PR】「ABEMA」なら
ブンデスリーガが無料視聴可能!

ABEMA

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、ブンデスリーガの無料配信は一部(毎節3試合予定)のため、厳選の好カードを堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムなら厳選された注目カードが楽しめる!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKINGグラニト・ジャカのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO