FOLLOW US

コンテ氏、バイエルンの監督就任を希望? クラブ側はフリック氏とシュトゥットガルト指揮官を注視か

2024.02.20

トッテナムの指揮官を退任して以降、フリーの状況が続くコンテ氏 [写真]=Getty Images

 トッテナムの指揮官を退任以降フリーとなっているアントニオ・コンテ氏が、バイエルンの指揮官就任を希望しているようだ。20日、ドイツ紙『ビルト』のクリスチャン・フォーク記者が伝えている。

 現在54歳のコンテ氏は、当時セリエBに所属していたアレッツォで指導者デビューを果たすと、イタリア国内で監督経験を積みながら、2011年5月にユヴェントスの指揮官に就任。クラブを無敗でのリーグ制覇に導くと、その後はイタリア代表、チェルシーインテルの監督を歴任した。2021-2022シーズンの途中から指揮を執ったトッテナムでは、低迷していたクラブの立て直しに成功し、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得。しかし、翌年の3月にクラブと双方合意のもとで契約を解除し、以降はフリーの状況が続いている。

 そんななかフォーク記者は、「アントニオ・コンテはバイエルンを次のステップの夢見るクラブとして挙げている。彼はバイエルンをヨーロッパのトップ3のクラブのひとつと見ている」と主張。続けて、「プレミアリーグ(チェルシー)とセリエA(インテルユヴェントス)に続き、コンテ監督はブンデスリーガでの優勝を望んでいる」と同氏がバイエルンでのリーグ優勝を目標に掲げていると述べた。一方で、バイエルンは2019-2020シーズンにクラブを三冠獲得に導いたハンジ・フリック氏と、現在シュトゥットガルトで指揮官を務めるセバスティアン・ヘーネス監督を次期指揮官として注視しているとも指摘した。

 18日に行われたブンデスリーガ第22節のボーフム戦に敗れ、2015年以来9年ぶりの公式戦3連敗となり、トーマス・トゥヘル監督の退任論が浮上したバイエルン。ヤン・クリスチャン・ドレーセンCEO(最高経営責任者)は同監督の続投を明言しているが、今後の動向に注目が集まる。

【PR】「ABEMA」なら
ブンデスリーガが無料視聴可能!

ABEMA

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、ブンデスリーガの無料配信は一部(毎節3試合予定)のため、厳選の好カードを堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムなら厳選された注目カードが楽しめる!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKINGトッテナムのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO