2017.12.03

ドルトムント、数的優位もドローで7戦白星なし…バイエルンは快勝/ブンデス第14節

ドルトムント
ドルトムントはリーグ戦7試合白星なしとなった [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第14節が2日に行われた。

 首位のバイエルンはホームでハノーファーと対戦。アルトゥーロ・ビダルのゴールで先制すると、一度は追い付かれたものの後半にキングスレイ・コマンのゴールで勝ち越した。終盤にはロベルト・レヴァンドフスキがPKを決め、3-1と快勝した。

 MF香川真司が所属するドルトムントはアウェイでレヴァークーゼンと対戦。リーグ戦6試合白星なしと苦戦が続くドルトムントはこの日も30分にカウンターから先制を許してしまう。44分には相手が退場者を出して数的優位に立った一方、ゴンサロ・カストロが負傷退場。代わって香川を投入した。後半はドルトムントが圧倒的に敵陣に押し込み、73分にアンドリー・ヤルモレンコのゴールで同点に追いつく。しかし逆転ゴールは生まれず、1-1の引き分けに終わった。

 日本代表FW浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトはアウェイでブレーメンと対戦。45分に先制を許すと、このまま0-1で敗れた。先発した浅野は決定機を迎えるシーンも作ったがゴールを奪うことはできず、57分にピッチを退いた。

 FW武藤嘉紀が所属するマインツはホームでアウクスブルクと対戦。前半のうちに2点を奪われたマインツは85分に1点を返したが、直後の86分にPKで失点を喫し、1-3で敗れた。武藤はメンバー外だった。

 2位のライプツィヒはアウェイでホッフェンハイムと対戦し、0-4と大敗を喫した。

■ブンデスリーガ第14節
バイエルン 3-1 ハノーファー
レヴァークーゼン 1-1 ドルトムント
ブレーメン 1-0 シュトゥットガルト
マインツ 1-3 アウクスブルク
ホッフェンハイム 4-0 ライプツィヒ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る