2017.01.22

香川、今季2度目のフル出場…ドルトムントはリーグ再開初戦で4試合ぶり勝利

ドルトムント
シュールレ(右から2人目)のゴールを喜ぶドルトムントの選手たち。 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第17節が21日に行われ、ブレーメンと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。香川は左インサイドハーフで2試合連続のスタメン出場となった。

 約1カ月のウィンターブレイクが終わり、ブンデスリーガは今節から再開する。15位のブレーメンは残留に向け、コペンハーゲンからデンマーク代表MFトーマス・デラネイを獲得。早速スタメンで起用されている。一方、6位のドルトムントは上位進出を目指す中、エースのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンがアフリカ・ネーションズカップ2017に参加しているため欠場。また、移籍が噂されるFWアドリアン・ラモスも不在のため、MFアンドレ・シュールレがワントップの位置に入った。

 試合は開始早々の5分にドルトムントが先制点を奪う。中盤でマルコ・ロイスがボールを受けると、ブレーメンのセルジュ・ニャブリが足を出してカットする。しかし、このボールが裏に抜け出したシュールレの足元へ転がると、GKとの一対一をドリブルでかわして制し、幸先よくリードを奪った。シュールレにとっては今シーズンのブンデスリーガ初ゴールとなった。

 さらに11分、エリア内のこぼれ球にシュールレが反応し、ジャンピングボレーで狙ったが、ここはGKドロブニーがなんとか触れてしのいだ。続く15分には左サイドでボールを受けた香川がアーリークロスを供給。シュールレがこれをヘディングで合わせたが、ここはGKヤロスラフ・ドロブニーに防がれてしまった。

 一方、ブレーメンは18分にカウンターからチャンスを作る。左サイドのサンティアゴ・ガルシア、マックス・クルーゼとつなぎ、最後は右サイドでフリーになっていたフィン・バルテルスがシュートを狙ったが、ここはGKロマン・ヴァイデンフェラーがなんとか反応して防いだ。

 27分、ブレーメンをアクシデントが襲う。攻撃の中心を担うニャブリが負傷により交代。ミロシュ・ヴェリコヴィッチが代わって入った。

 39分、最終ラインの裏に抜け出したロイスをGKドロブニーが飛び出してファウルを犯してしまう。これで一発退場となり、ブレーメンは10人での戦いを強いられることとなった。クラウディオ・ピサーロが下がり、GKフェリックス・ヴィートヴァルトが代わって入った。

ファウルを犯し、退場したたドロブニー(右) [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

ファウルを犯し、退場したたドロブニー(右) [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

ドロブニーにレッドカードが提示された。 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

ドロブニーにレッドカードが提示された。 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 一人少ないブレーメンが前半アディショナルタイム3分に決定機を迎える。エリア手前でセカンドボールを拾ったクレメンス・フリッツが相手DFをかわして右足シュートを放ったが、ここはクロスバーを直撃。同点ゴールとはならなかった。このまま1-0でハーフタイムを迎える。

 ドルトムントは後半開始からマルセル・シュメルツァーが下がり、代わってエリック・ドゥルムが入った。50分、ドルトムントが左サイドでFKを獲得する。カストロがGKの意表を突いて右足で狙ったが、ここは惜しくも枠の左に外れてしまった。

 続く58分には香川のスルーパスに抜け出したロイスがGKとの一対一から左足シュートを狙ったが、うまくミートしきれずにGKヴィートヴァルトがなんとか弾いた。

 すると59分にスコアが動く。ブレーメンが左サイドからスローインを入れると、フリッツが頭で前線に送り、バルテルスが最終ラインの裏に抜け出す。そのままGKとの一対一を制し、一人少ないブレーメンが同点に追いついた。

 ドルトムントは70分にカストロとロイスを下げ、ウスマン・デンベレとラファエル・ゲレイロを投入。勝ち越しゴールを奪いにいく。すると直後の71分にドルトムントが左CKを獲得。デンベレがクロスを入れると、クリアされたセカンドボールをゲレイロが拾い、左足でアーリークロスを入れる。これがS・ガルシアに当って跳ね上がると、ウカシュ・ピシュチェクがボレーシュートで合わせ、ドルトムントが勝ち越しに成功した。

 このまま2-1でドルトムントがブレーメンを下し、ブンデスリーガ再開初戦で4試合ぶりの勝利を収めた。なお、香川は開幕戦以来となる、今シーズン2度目のフル出場を果たした。

 次節、ブレーメンはホームでバイエルンと、ドルトムントは敵地でFW武藤嘉紀が所属するマインツと対戦する。

【スコア】
ブレーメン 1-2 ドルトムント

【得点者】
0-1 5分 アンドレ・シュールレ(ドルトムント)
1-1 59分 フィン・バルテルス(ブレーメン)
1-2 71分 ウカシュ・ピシュチェク(ドルトムント)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る