2016.09.15

“ダービー男”香川の2年連続弾は?世界最高峰の熱気と興奮、そして“安全な”ルール・ダービーを現地で体感しよう!

ドイツ在住。ライター兼サッカー指導者

 近年のドルトムントは国内のみならず、欧州の舞台でも確固たる地位を築いている。ドイツの絶対的王者バイエルンとの直接対決は、ドイツ版クラシコを意味する『デア・クラシカー』と呼ばれ、世界中から注目を浴びるほどになった。

 しかし、そんな頂上決戦とは別に、ドルトムントにとっては文字通り、クラブの威信をかけた戦いがある。それは、「全ダービーマッチの母」とさえ形容される、シャルケとのルール・ダービーだ。

 ブンデスリーガ公式サイトによると、両者にライバル感情が芽生えたきっかけは、1947年5月18日、当時まだ格下だったドルトムントが、地域リーグで圧倒的な強さを誇っていたシャルケを下し、リーグ優勝を決めたからだという。ドイツで最もサッカーが盛んなルール地域に、2人の王者はいらない――彼らの敵対心は、直接対決を繰り返すごとに、増加していった。

<続きを読む>期待が高まる“ダービー男”香川真司の2季連続ゴール

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る