2015.03.04

絶好調のロイスがDFB杯で負傷…公式戦連続ゴールは5試合でストップ

ロイス
ドレスデン戦で負傷交代となったロイス(左から2人目) [写真]=Bongarts/Getty Images

 DFBポカール3回戦が3日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、3部リーグのディナモ・ドレスデンと対戦し2-0で勝利した。しかし、好調を維持していたドイツ代表MFマルコ・ロイスが、同試合の前半の内に負傷交代となった。クラブ公式サイトが同日に伝えている。

 同試合で先発したロイスだったが、前半の24分に相手選手と接触した際に、左足を負傷。メディカルスタッフ2人の肩を借りてピッチを後にしていた。その後、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンがピッチに送り出されている。

 チーム専属ドクターの検査では、強い打撲で足のけいれんが確認された模様だが、精密検査は4日の朝に行われる予定。

 この負傷により、ロイスは同試合以前の公式戦で決めていた連続ゴールは5試合でストップ。絶好調でチームの復調も牽引していただけに、長期離脱となればドルトムントにとって大きな痛手となる。

 ロイスは、今シーズンすでに2度、足首の負傷で離脱しており、合計でブンデスリーガの10試合を欠場。ここまで13試合に出場し7ゴールを決めてた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る