2014.11.24

ロイス、今度は右足首を負傷…じん帯断裂で年内欠場は確定的

ロイス
右足首のじん帯を負傷したロイス [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは23日、ドイツ代表MFマルコ・ロイスが右足首のけがでチームを離脱すると発表した。クラブ公式HPが伝えている。

 ロイスは22日に行われたブンデスリーガ第12節のパーダーボルン戦で負傷。検査の結果、右足首のじん帯断裂と診断された。年内の試合を欠場する見通しとなっており、年明け早々の復帰が予想されている。

 同選手は、今夏に行われたブラジル・ワールドカップ直前の親善試合で左足首のじん帯を負傷し、同大会を欠場。その後、9月7日に行われたユーロ2016予選のスコットランド代表戦で同箇所のじん帯を部分断裂し、約1カ月の離脱を強いられていた。また、9日に行われたブンデスリーガ第11節のボルシアMG戦でも左足首にけがを負い、2週間の離脱。パーダーボルン戦には間に合ったが、再びチームを離れることになった。

 ドルトムントのCEO(最高経営責任者)であるハンス・ヨアヒム・ヴァツケ氏は「早期回復を願っている。どれだけ不運が続くのだろう」と語り、ロイスの負傷を嘆いていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る