FOLLOW US

レヴァンドフスキ、自身が2020年のバロンドーラーであると主張「“回顧賞”の噂があるのは知っている」

2024.04.30

バルセロナに所属するレヴァンドフスキ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、2020年のバロンドールについて言及した。29日、スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が、ドイツ紙『ビルト』のインタビューに応じた同選手のコメントを引用して伝えている。

 現在35歳のレヴァンドフスキは、母国であるポーランドのクラブでのプレーを経て2010年7月にドルトムントへと加入し、ブンデスリーガ2連覇やチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出などに貢献。2014年7月にはバイエルンに完全移籍すると、在籍した8年間で公式戦375試合出場344ゴールをマークして、8度のブンデスリーガ制覇やCL制覇など数多くのタイトル獲得に導いた。2022年7月からプレーするバルセロナでも絶対的なストライカーとして活躍。今シーズンもここまで公式戦44試合に出場し、23ゴール9アシストを記録している。

 バルセロナとの現行契約が2026年までとなっているレヴァンドフスキだが、一部メディアは高額な年俸や年齢による影響で今シーズン終了後の退団の可能性を報道していた。しかし、インタビューに応じた同選手は、「この夏にバルサを去ることは僕には絶対にあり得ないし、それは議論する話題ではない」とコメント。「今日の時点では、少なくともあと2年はこの状態が続くだろう。身体的により高いレベルでプレーできなくなったら、その時に考えるよ」と残留する意向を明言した。

 また、「もちろん、いつかバロンドールを受賞したいと思っていた。このトロフィーがまだないことに怒っているわけでも、悲しいわけでもない。しかし、僕の気持ちとしては、どちらかの年に僕の番が回ってくるはずだったんだ」と新型コロナウイルスの影響で空位となった2020年か、リオネル・メッシが受賞した2021年に自身がバロンドールを受け取るべきであったと主張。続けて、「2020年の“回顧賞”の噂があるのは知っている。その年は僕にとって特別な年だった。もし4年後に2020年のバロンドールを受賞することになったとしても、僕は決して怒らないだろう」と同賞受賞への強い希望を打ち明けている。

リオネル・メッシの関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGリオネル・メッシのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO