FOLLOW US

オヤルサバルの新境地開拓…高水準で完遂した“9番”の役割「将来的にCFのポジションを張ることになる」

2024.04.16

新境地を開拓の主将FWオヤルサバル [写真]=Getty Images

 レアル・ソシエダの主将FWミケル・オヤルサバルが、新境地を開拓している。15日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 14日のアルメリア戦での1ゴールにより、クラブ史上8人目となる公式戦通算100得点まであと『3』に迫ったミケル・オヤルサバル。今シーズンはここまで公式戦14得点を記録し、チームトップスコアラーとして君臨する“チュリウルディン”のカピタンは2015年10月にトップチームデビューを果たして以降、主戦場の左ウィングでチームを牽引してきた。ただ直近3試合では、両ウィングに久保建英やアンデル・バレネチェア、シェラルド・ベッカーを置き、その頂点、最前線にあたるセンターフォワードとして起用されている。そして今後も、この“9番”のポジションでプレーしていく可能性が高まっている。

 オヤルサバルは元々、インテリジェンスやテクニック、そしてシュートセンスに秀でた万能型のプレーヤーだ。事実、レアル・ソシエダとスペイン代表で右ウィング、センターフォワード(主に偽9番の役割だが)としてプレーしたこともある。一昨年12月に左膝の大ケガから復帰して以降はより顕著で、今シーズンはここまで公式戦37試合に出場しているが、その半分近くは最前線での起用に。先のアルメリア戦でも、オフサイドにより取り消されたのを含めて2度ゴールネットを揺らした他、相手の最終ラインにプレスをかけてミスを誘発するなど、センターフォワードの役割を高水準で完遂できることを証明した。

 現チームにおける“9番”の役割を本来担うはずだったのは、ウマル・サディクとアンドレ・シルヴァだろう。しかしながら両者ともに、負傷した影響もあってか期待されたパフォーマンスには程遠い出来。『マルカ』もこの事実を指摘した上で、「バレネチェア、ベッカー、そしてクボの存在。加えて、最前線で起用された彼がチームにもたらすメリットを考えると、将来的にセンターフォワードのポジションを張ることになると予想する」と見解を示している。

 黎明を告げるワン・クラブ・マンの、カピタンの新境地開拓。センターフォワード・オヤルサバルがハマった時、レアル・ソシエダはもう一段進化を遂げることになるだろう。

【PR】ラ・リーガを観るなら
U-NEXTがおすすめ

U-NEXTではラ・リーガの全試合をライブ配信。月額2,189円(税込)に加入すれば追加料金なしで視聴可能! 無料トライアルに登録すれば31日間無料でラ・リーガが楽しめる!

  1. ラ・リーガを視聴するならU-NEXTがお得!
  2. 見放題のエンタメ作品数NO.1を誇るU-NEXTでラ・リーガ&エンタメを堪能!
  3. さらに「SPOTV NOWパック」に加入すればプレミアやセリエAなどの海外リーグも楽しめる!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」で
ラ・リーガが見放題!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額4,200円(税込)のところ、本プランなら月額3,480円(税込)だからとってもお得です。

  1. 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!
  2. DAZNだけの契約と比較しても月額720円(税込)お得に楽しめる!
  3. 新規入会月から最大3カ月間、「DMMポイント」を550ポイント付与!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKINGミケル・オヤルサバルのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO