FOLLOW US

アトレティコ、2025年開催の新クラブW杯出場が決定!…欧州残り1枠はアーセナルかザルツブルクに

2024.04.17

新クラブW杯の出場権を手にしたアトレティコ [写真]=Getty Images

 国際サッカー連盟(FIFA)は16日、アトレティコ・マドリードが、「Mundial de Clubes FIFA 25」(FIFAクラブワールドカップ2025)の出場権を手にしたことを発表した。

 新たなクラブワールドカップとして開催される「Mundial de Clubes FIFA」には合計32チームが参加。第1回大会は2025年6月15日から7月13日までアメリカ合衆国で開催され、出場チームは2021年から2024年の各大陸の成績で決定する。各大陸の王者とFIFAが算出するクラブランキング上位のチームに出場権が与えられ、既に浦和レッズやアル・ヒラル、アル・アハリ、パルメイラス、フルミネンセなどの出場が決まっている。

「12」の出場枠が割り当てられている欧州サッカー連盟(UEFA)では、過去3シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)王者であるマンチェスター・シティ、レアル・マドリード、チェルシーに加え、ランキング上位のバイエルンやパリ・サンジェルマン(PSG)の本大会出場が既に決定。アトレティコ・マドリードは今シーズンのCLでベスト8敗退に終わったものの、同じくベスト4進出を逃したバルセロナをランキングで上回ることが確定し、出場権を手にした。

 なお、出場枠には「1カ国2チームまで」という制限が設けられているが、各大陸王者はこの制限の適用外となる。残る欧州の1枠は、日本代表DF冨安健洋が所属するアーセナル、およびオーストリアの強豪ザルツブルクのどちらかに与えられることに。既にイングランドから2チームの参加が確定しているため、アーセナルが本大会出場を決めるためには、今シーズンのCLでビッグイヤーを掲げる必要があるとのことだ。

 現時点で「Mundial de Clubes FIFA 25」への出場が確定している22クラブは以下の通り。※カッコ内は(出場枠/残り枠)

◼︎ヨーロッパ(12/残り1)
マンチェスター・シティ
レアル・マドリード
チェルシー
バイエルン
パリ・サンジェルマン
インテル
ポルト
ベンフィカ
ドルトムント
ユヴェントス
アトレティコ・マドリード

◼︎南米(6/残り3)
パルメイラス
フラメンゴ
フルミネンセ

◼︎北中米カリブ(4/残り1)
モンテレイ
シアトル・サウンダーズ
クラブ・レオン

◼︎アフリカ(4/残り2)
アル・アハリ
ウィダード・カサブランカ

◼︎アジア(4/残り2)
浦和レッズ
アル・ヒラル

◼︎オセアニア(1/残り0)
オークランド・シティ

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKINGアトレティコ・マドリードのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO