FOLLOW US

FAカップ3回戦の“ビッグマッチ”はリヴァプールに軍配! 終盤の2得点でアーセナル撃破

2024.01.08

リヴァプールがアーセナルを撃破 [写真]=Getty Images

 FAカップ3回戦が7日に行われ、アーセナルリヴァプールが対戦した。

 プレミアリーグ勢が登場する3回戦で、早くもビッグマッチが実現した。今季もアーセナルは序盤からプレミアリーグの優勝争いに名を連ねているものの、直近の2試合ではウェストハム、フルアムを相手に連敗。現在は公式戦3試合未勝利が続いている。FAカップでは最多14回の優勝を誇っているものの、直近3シーズンは4回戦を突破できておらず、4年ぶりの優勝に向けて強敵撃破を目指す。

 対するリヴァプールは現在絶好調。プレミアリーグでは昨年9月30日に行われた第7節トッテナム戦(●1-2)を最後に黒星がなく、直近13試合で8勝5分けと好成績を残している。勝ち点「45」を積み上げて首位を走っている状況だ。FAカップでは2021-22シーズンに優勝を飾っており、今季は通算9度目の優勝を目指す戦いとなる。

 アーセナルはウィリアン・サリバ、マルティン・ウーデゴーア、ブカヨ・サカといった主力がスターティングメンバーに並んだ。ガブリエウ・ジェズスが負傷の影響で不在となるが、最前線にはカイ・ハフェルツを起用。ゴールマウスはアーロン・ラムズデールが守る。AFCアジアカップカタール2023の影響で日本代表に合流している冨安健洋、アフリカネイションズカップ2023の影響でエジプト代表に合流しているモハメド・エルネニーはメンバー外となった。

 一方、リヴァプールはトレント・アレクサンダー・アーノルド、アレクシス・マック・アリスター、ダルウィン・ヌニェスといった面々が先発入り。“守備の要”であるフィルジル・ファン・ダイクが体調不良のためメンバーを外れており、センターバックはジャレル・クアンサーとイブライマ・コナテのコンビに。アーセナルと同様、日本代表の遠藤航、エジプト代表のモハメド・サラーが不在となっている。

 試合は立ち上がりからアーセナルがエンジン全開で相手ゴールに迫る。3分、アーセナルは最後尾でボールを持ったGKラムズデールからのロングフィードにリース・ネルソンが反応。リヴァプールの最終ラインを破って飛び出すと、GKアリソンもかわしたが、持ち出した際のボールタッチが大きくなり、角度のない位置から右足で狙ったシュートはサイドネットに嫌われる。

 続く11分には敵陣右サイドでサカがジョー・ゴメスからボールを奪うと、引き取ったハフェルツがマイナスへ折り返す。飛び込んでいたネルソンはコナテのカバーリングに阻まれて右足を振り抜けなったものの、こぼれ球を拾ったウーデゴーアが左足一閃。ここはクロスバーに嫌われる。こぼれ球を繋いで今度はサカが狙ったが、アレクサンダー・アーノルドにブロックされた。

 リヴァプールとしては序盤から押し込まれる時間が続いたが、22分にはセットプレーでゴールを脅かす。ハーヴェイ・エリオットが左コーナーキックでアウトスイングのボールを供給すると、ボックス内でフリーになったヌニェスが頭で合わせたが、ヘディングシュートは枠を外れた。

 その後は一進一退の攻防戦が繰り広げられたが、チャンスの数はアーセナルの方が多い。38分にはペナルティエリア右でルーズボールを拾ったベン・ホワイトが迷いなく右足を振り抜くも、強烈な一撃はGKアリソンに弾き出される。44分には狙い所を定めたハイプレスでネルソンがクアンサーからの縦パスを奪うと、ボールはウーデゴーアを経由してハフェルツへ。タイミングを見て左足を振るも、ここもGKアリソンが立ちはだかる。

 前半終了間際の45分にはリヴァプールにビッグチャンス。敵陣でボールを奪い返したところから、クアンサーからのパスを受けたコーディ・ガクポが巧みな反転で前を向く。自ら持ち運び、相手を引きつけて右へ渡すと、駆け上がってきたアレクサンダー・アーノルドがワントラップから右足でミドルシュート。狙い澄ました一撃はアウト回転がかかりながらクロスバーに直撃し、リヴァプールは先制とはならず。前半はこのままスコアレスで終了した。

 後半に入ると、前半と比較してリヴァプールが攻撃に出る時間が目立つようになる。54分、自陣中央で前を向いたアレクサンダー・アーノルドが左サイドへ展開すると、大外に開いていたヌニェスがカットインから右足を振り抜くも、シュートは枠の外へ。

 一方、アーセナルは58分にセットプレーでチャンスを作る。敵陣左サイドでジョルジーニョがマック・アリスターとの接触でファウルを貰う。キッカーのウーデゴーアがサインプレーを発動し、スルーパスを送ると、ペナルティエリア左のスペースへ侵入したハフェルツが中央へ折り返す。飛び込んだガブリエウ・マガリャンイスの頭には合わなかったが、後ろで待っていたサカが左足でボレーシュート。ここは枠を外れる。続く60分には左サイドに流れたハフェルツがクロスボールを上げると、相手に当たってディフレクションしたボールがゴール方向へ向かったが、GKアリソンに掻き出された。

 後半は時間の経過とともにリヴァプールが流れを掌握していく。70分にはエリオットからのスルーパスで敵陣背後のスペースへ抜け出したヌニェスが相手を引きつけて横に繋ぐも、並走していたルイス・ディアスにはわずかに合わない。77分にはペナルティエリア内でディオゴ・ジョッタからのパスを引き取ったL・ディアスが強引に左足を振り抜くが、ここはGKラムズデールのビッグセーブに阻まれる。このプレーで得た左コーナーキックをアレクサンダー・アーノルドが蹴ると、ファーサイドで競り勝ったジョッタが頭で合わせたが、ヘディングシュートはクロスバーに嫌われた。こぼれ球を拾ったヌニェスの一撃も枠を捉えきれない。

 スコアレスで終盤に入るも、80分に遂に均衡が破れた。リヴァプールは敵陣左サイドでうまくボールをキープしたライアン・フラーフェンベルフがウーデゴーアに倒され、フリーキックを獲得。角度のないところからアレクサンダー・アーノルドがスピーディなボールを入れると、これがボックス内でヤクブ・キヴィオルのオウンゴールを誘う。土壇場でリヴァプールが先手を取った。

 1点ビハインドとなったアーセナルは81分にジョルジーニョを下げてエディ・エンケティア、88分にハフェルツとキヴィオルを下げてエミール・スミス・ロウとレアンドロ・トロサールを投入。攻撃的なカードを次々と切り、同点ゴールを目指す。後半アディショナルタイムには前線の人数を増やしてパワープレーに出たが、反対にリヴァプールがカウンターで再びゴールを脅かす。ヌニェス、ジョッタを経由してL・ディアスがペナルティエリア右でボールを受けると、右足でニアサイドを射抜く。リヴァプールが勝利を決定付けた。

 試合はこのままタイムアップ。終盤にアレクサンダー・アーノルドの蹴ったセットプレーでスコアを動かすと、ラストプレーでL・ディアスが決定的な一撃を沈め、3回戦最大の注目カードはリヴァプールが制した。アーセナルはこれで公式戦3連敗となっている。

 この後、アーセナルは20日に次節のプレミアリーグでクリスタル・パレスをホームに迎える。一方、リヴァプールは10日にカラバオ・カップ(EFLカップ)準決勝第1戦のフルアム戦を消化予定。次節のプレミアリーグは21日に予定されており、敵地でボーンマスと対戦する。

【スコア】
アーセナル 0-2 リヴァプール

【得点者】
0-1 80分 ヤクブ・キヴィオル(OG/リヴァプール
0-2 90+5分 ルイス・ディアスリヴァプール

【スターティングメンバー】
アーセナル(4-3-3)
GK:ラムズデール
DF:ホワイト、サリバ、ガブリエウ、キヴィオル(88分 スミス・ロウ)
MF:ジョルジーニョ(81分 エンケティア);ウーデゴーア、ライス
FW:サカ、ネルソン(62分 マルティネッリ);ハフェルツ(88分 トロサール)

リヴァプール(4-3-3)
GK:アリソン
DF:A・アーノルド、クアンサー、コナテ、J・ゴメス
MF:マック・アリスター(59分 フラーフェンベルフ);C・ジョーンズ(75分 クラーク)、ガクポ(59分 ジョッタ)
FW:エリオット(75分 ブラッドリー)、L・ディアス;ヌニェス

ルイス・ディアスの関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGルイス・ディアスのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO