FOLLOW US

クロップ、格下相手に2戦連続ドローも…結果には納得「我々は単にチャンスを…」

ニューカッスル戦を振り返ったクロップ監督 [写真]=Getty Images

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、スコアレスドローに終わったニューカッスル戦を振り返り、コメントした。30日、クラブが公式サイトで伝えている。

 リヴァプールは30日、プレミアリーグ第16節でニューカッスルと対戦。前節はホームでウェスト・ブロムウィッチに追いつかれドローとなったが、今節もチャンスを決めきれずに苦戦。最後までニューカッスルの堅守の前にゴールを破ることができず、スコアレスドローに終わった。これで2試合連続での格下相手の取りこぼしとなったリヴァプールは、1試合少ない2位マンチェスター・Uに、勝ち点差3と詰められることとなった。

 ニューカッスル戦を終え、リヴァプールのクロップ監督がコメント。試合を振り返り、満足できないとはしつつも、結果を受け入れる姿勢を見せた。

「結果には満足していないが、もう試合は終わったんだ。過剰にストレスを感じたり、そんな感情を持ってはいない。これがフットボールだからだ。チャンスを利用しなければ、試合に勝つことは難しい」

「悪いパフォーマンスでドローになることもあるし、良いパフォーマンスでドローになることもある。そして今夜は、良いパフォーマンスで引き分けた。我々は単にチャンスを生かさなかっただけで、それがこの試合に関して私が納得している理由。それだけだ」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO