2014.08.09

3バックに自信を見せるマンUスモーリング「僕の居場所にする」

スモーリング
3バックに自信を見せるスモーリング [写真]=Man Utd via Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uのイングランド代表DFクリス・スモーリングが、新たにチームを率いるルイス・ファン・ハール監督のシステムに自信を見せた。クラブ公式HPが同選手のコメントを7日に伝えている。

 ここまで、プレシーズンマッチで5試合中3試合に先発出場を果たしたスモーリングは、「新システムは僕に大きな自信をもたらしてくれた。すごくやりやすいんだ。3バックの一角を僕の居場所にするつもりだよ」と話し、自身の役割に大きな手ごたえを見せた。さらに、スモーリングは現在のポジションに対する自身の考えを以下のように明かしている。

「このポジションはワイドに開いたり、中盤に入り込んだりするときがあるんだ。柔軟性が必要になるポジションだよ」

 現在24歳のスモーリングは2013-14シーズン、デイヴィッド・モイーズ前監督の下でプレミアリーグ21試合に出場。同監督は4バックを多用しており、スモーリングはセンターバックとサイドバックの両ポジションで起用されていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る