FOLLOW US

アーセナルとバイエルン、第1戦は痛み分け…途中出場の“切り札”トロサールが同点弾

2024.04.10

途中出場のトロサールが同点ゴール [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝ファーストレグが9日に行われ、アーセナル(イングランド)とバイエルン(ドイツ)が対戦した。

 7シーズンぶりにCLの舞台へ戻ってきたアーセナルは、グループBを4勝1分1敗の成績で首位通過。第2節でRCランス(フランス)に1-2で敗れ、不穏な空気も漂ったが、残る試合では国内でも見せているような安定した試合運びで勝ち点を積み重ねた。

 決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)ではポルト(ポルトガル)と激突。ポルトの本拠地で開催されたファーストレグは、自慢の攻撃陣を抑えられただけでなく、試合終了間際に失点を喫し、0-1と敗北。ホームに戻ったセカンドレグでは、前半の終盤にレアンドロ・トロサールの得点で2戦合計の同点に追い付いたものの、残る時間ではポルトの組織的な守備を崩し切ることができず、120分間でも決着はつかない。それでも、PK戦ではGKダビド・ラヤが2本のシュートを止める活躍を見せたこともあり、激闘を制す。2009-10シーズン以来、14年ぶりのベスト8入りを果たした。

 一方、バイエルンはグループAで5勝1分無敗と圧巻の戦いを披露。コペンハーゲン(デンマーク)、ガラタサライ(トルコ)、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)を抑えて首位通過を果たした。

 ラウンド16では鎌田大地が所属するラツィオ(イタリア)と激突。敵地で行われたファーストレグでは、枠内シュート0本など攻撃で良い形を作れなかっただけでなく、チーロ・インモービレにPKでゴールを許し、0-1で敗れた。それでも、セカンドレグでは前半にハリー・ケインのゴールで2戦合計スコアを振り出しに戻すと、後半にはトーマス・ミュラー、さらにはケインが得点を挙げ、3-1と逆転に成功。5シーズン連続の準々決勝進出を決めていた。

 過去、両チームはCLの舞台で12度対戦しており、対戦成績はホームチームのアーセナルから見て3勝2分7敗。2016-17シーズンのラウンド16では、2戦合計2-10という衝撃的なスコアで敗れていた。

 7年ぶりの再戦に向けて、アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督は、ウィリアン・サリバマルティン・ウーデゴーアブカヨ・サカといった、現在首位に立つプレミアリーグでも主力を張る面々をスターティングメンバーとして送り出した。冨安健洋はベンチからのスタートとなっている。

 一方、ブンデスリーガでは首位のレヴァークーゼンに勝ち点差「16」をつけられているため、現実的に今季獲得可能なタイトルがCLのみとなったバイエルンも、ジョシュア・キミッヒジャマル・ムシアラといったお馴染みの面々が先発に名を連ねた。ケガのため状態が危ぶまれたレロイ・サネ、GKマヌエル・ノイアーも先発入り。トッテナム在籍時には公式戦19試合で14ゴール3アシストをマークするなど、“アーセナル・キラー”として知られるハリー・ケインも最前線でスタメンに入った。

 試合は立ち上がりからホームチームのアーセナルがボールを保持し、敵陣でプレーする時間を増やしていく。すると12分、ウーデゴーアからの浮き球スルーパスで右サイドを抜け出したサカがドリブルを試みるも、ここはアルフォンソ・デイヴィスにブロックされる。だが、カイ・ハフェルツが素早い切り替えでボールを奪い返すと、セカンドボールを拾ったベン・ホワイトがタイミングを見てボックス右へ繋ぐ。ボールを引き取ったサカは得意の角度から左足を振り抜き、狙い澄ました一撃がゴールネットを揺らした。

 幸先良く先手を取ったアーセナルは、16分にも前線でのセカンドボール回収から、ボックス右のスペースへ飛び出したホワイトにチャンスが到来するも、右足から放たれたシュートはGKノイアーの正面へ。

 すると直後には最終ラインで連携ミスが発生。自陣でロングボールに対応する際、GKラヤとガブリエウ・マガリャンイスが重なってしまう。体制を立て直したガブリエウが縦へ繋ごうと試みるも、ここはサネがインターセプト。サネは時間をかけずに中央へ繋ぐと、うまくスペースへ走り込んだレオン・ゴレツカが左へ流し、最後はセルジュ・ニャブリがダイレクトでGKラヤの股下を通すシュートを沈める。バイエルンがこの日最初のシュートを得点に結びつけ、試合は振り出しに戻った。

 その後も試合の主導権はアーセナルが握っているように映ったが、バイエルンは虎視眈々とカウンターに出るチャンスを探る。すると30分、縦パスを受けたサネが対峙したヤクブ・キヴィオルとうまく入れ替わり、前を向いてドリブルをスタート。自らボックス内まで持ち運ぶと、足を出してきたサリバのファウルを誘い、バイエルンがPKを獲得した。このPKをケインが冷静にゴール右下に沈める。放ったシュート本数は2本のみながら、バイエルンが逆転に成功して前半を終えた。

 ハーフタイム明けにはアーセナルが動く。キヴィオルを下げてオレクサンドル・ジンチェンコを投入し、より攻撃的な布陣へシフト。後半に入っても試合の様相は前半と変わらず、アーセナルがより敵陣へ押し込みながら、まずは同点ゴールを目指して前への圧力を強めていく。

 対するバイエルンもゴレツカ、ニャブリが際どいシュートを放つなど、リードを広げるべく前へ出られる場面では素早い攻撃を披露。アーセナルはなかなか決定的なシーンを作れずにいると、67分にはジョルジーニョガブリエウ・マルティネッリを下げて、レアンドロ・トロサールガブリエウ・ジェズスを送り出した。

 するとこの2人が絡んで、アーセナルが再び歓喜の瞬間を生み出す。76分、敵陣右寄りの位置でセカンドボールを拾ったトロサールが右へ渡すと、サカがダイレクトで繋ぎ、ボールはジェズスの元へ。前を向いたジェズスはボックス右で相手を引きつけ、横へ流すと、後ろから入り込んできたトロサールが右足でシュートを叩き込む。アーセナルが終盤にスコアを同点とした。

 その後、バイエルンはコマンがポスト直撃のシュートを放つと、アーセナルは試合終了間際にサカがGKノイアーに倒されるもノーファウルの判定。試合はこのままタイムアップの笛が吹かれ、試合は2-2のドローで終了した。決着はセカンドレグに委ねられている。なお、アーセナルの冨安に出番はなかった。

 セカンドレグはおよそ1週間後の17日、バイエルンの本拠地『フースバル・アレーナ・ミュンヘン』にて開催される

【スコア】
アーセナル 2-2 バイエルン

【得点者】
1-0 12分 ブカヨ・サカアーセナル
1-1 18分 セルジュ・ニャブリバイエルン
1-2 32分 ハリー・ケイン(PK/バイエルン
2-2 76分 レアンドロ・トロサールアーセナル

【スターティングメンバー】
アーセナル(4-1-2-3)
GK:ダビド・ラヤ
DF:ベン・ホワイトウィリアン・サリバガブリエウ・マガリャンイスヤクブ・キヴィオル(46分 オレクサンドル・ジンチェンコ
MF:ジョルジーニョ(67分 ガブリエウ・ジェズス);マルティン・ウーデゴーアデクラン・ライス
FW:ブカヨ・サカカイ・ハフェルツ(86分 トーマス・パルティ)、ガブリエウ・マルティネッリ(67分 レアンドロ・トロサール

バイエルン(4-2-3-1)
GK:マヌエル・ノイアー
DF:ジョシュア・キミッヒエリック・ダイアーマタイス・デ・リフトアルフォンソ・デイヴィス
MF:レオン・ゴレツカコンラート・ライマーレロイ・サネ(66分 キングスレイ・コマン)、ジャマル・ムシアラセルジュ・ニャブリ(70分 ラファエル・ゲレイロ
FW:ハリー・ケイン

【PR】UCLはWOWOWが独占配信!
いつでも楽しめるオンデマンドがおすすめ!

WOWOWオンデマンド


「WOWOWオンデマンド」とは、テレビやBS視聴環境がなくてもWOWOWのコンテンツを月額2,530円(税込)で楽しめるお得で便利なサービスです。

  1. UCLは全試合ライブ&見逃し配信、UELも注目試合をライブ&見逃し配信!
  2. 「WOWOWオンデマンド」なら、いつでもどこでも好きなデバイスで視聴可能!
  3. スポーツ、映画、音楽、ドラマなど幅広いコンテンツが堪能できる!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGダビド・ラヤのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO