FOLLOW US

枠内シュート0本で敗戦…バイエルンFWケイン「厳しい1週間になった」

2024.02.15

バイエルンでプレーするケイン [写真]=Getty Images

 バイエルンに所属するイングランド代表FWハリー・ケインが、ラツィオ戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 チャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)ファーストレグが14日に行われ、バイエルンは敵地でラツィオと対戦。69分にPKから先制点を許すと、ダヨ・ウパメカノが退場した影響もあり、最後まで得点を奪うことはできず、0-1で敗れた。

 データサイト『OPTA』によると、この試合17本のシュートを記録したバイエルンだったが、枠内シュートは1本もなく、これは(2003-04シーズン以降の)CLの試合で枠内シュートがなかったシュート本数として最多記録になったという。

 なお、10日に行われたブンデスリーガ第21節のレヴァークーゼン戦も枠内シュート1本で0-3で敗れていたバイエルンにとっては、痛恨の今季初の連敗となった。

 試合後、イギリスメディア『TNT Sports』でケインは「厳しい1週間になった。いいスタートを切って、いくつか明確なチャンスもあった。僕にも、ジャマル(・ムシアラ)にも、ジョシュア(・キミッヒ)にもボックスの端からあったね。こういった試合ではそれらは大きな瞬間だが、僕たちはそれを決めることができなかった」と反省を口にしながら、次のように続けた。

「後半は残念だった。エネルギーも自信も欠けていた。与えてしまったボールが多すぎたし、最終的に10人になってしまってはいつも難しいものだ。まだ終わってはいないし、数週間後に彼らは僕たちのスタジアムに来る。前を向いて、勢いを好転させようと努力しなければならない」

 また、チャンスの場面については「それは望んでいるものだ。だけど、これがフットボールであり、ストライカーの一部だ。外す時もあるし、再び挑むだけだ」と振り返りつつ、「僕とチームにとって重要なことは次の挑戦に集中することだ。僕たちは難しい時期にある。それを隠すことはできない。そこから抜け出せていないけど、諦めることはない。一つのきっかけで大きく変わる可能性もあるし、それを見つけなければならない」と挽回を誓った。

【PR】UCLはWOWOWが独占配信!
いつでも楽しめるオンデマンドがおすすめ!

WOWOWオンデマンド


「WOWOWオンデマンド」とは、テレビやBS視聴環境がなくてもWOWOWのコンテンツを月額2,530円(税込)で楽しめるお得で便利なサービスです。

  1. UCLは全試合ライブ&見逃し配信、UELも注目試合をライブ&見逃し配信!
  2. 「WOWOWオンデマンド」なら、いつでもどこでも好きなデバイスで視聴可能!
  3. スポーツ、映画、音楽、ドラマなど幅広いコンテンツが堪能できる!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングなど、サッカーにまつわるあらゆる情報を提供している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKINGハリー・ケインのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO