FOLLOW US

【激アツ 本当はこんなにおもしろいJ2のススメ】カズさんに会いたいから横浜FCの練習場に行ってみた。

誰もが知るJ2戦士といえば、カズさんこと三浦知良だ。横浜FCに所属し、Jリーグ最年長ゴール記録を更新し続けている。

日本サッカー界の英雄に会いに行こう――俺たちは、ひと夏の思い出をつくるべく冒険を計画した。これこそ「激アツ 本当はこんなにおもしろいJ2のススメ」という特集のメーン企画と言っていい。

スティーブン・キング原作の映画『スタンド・バイ・ミー』の少年たちのように胸をわくわくさせながら、俺たちは横浜FCの練習場「LEOCトレーニングセンター」を目指した。

文=中川翔士、近野章、三好記彰、望月遼太(サッカーキング・アカデミー

IMG_0383
会議初日。俺たちは苦しんでいた。

記事の全体案は割と早く完成したのだが、「もっとおもしろくできないか?」と感じていたのだ。

「なんか、目玉がないよね。ドカーンといったさ!」

改善策を見いだせず、時間だけが過ぎていく。

そこにどこからか、こんな意見が飛び出してきた。

「なんか練習場に行ったら面白そうじゃん?」

ふむ……。

さらにリーダーより質問。

「どこに行く?」

2分後……。

提案1:横浜FC(カズさんに会いたい)
提案2:よし、愛媛だ!(みかん食べたい)

多数決により、横浜FCに決定しました。だって、カズさんに会ってみたいじゃん。

というわけで、さっそく「横浜FC 練習場」で検索。

→出た! うっ……上星川(かみほしかわ)? そうか。

クラブの公式HPには練習スケジュールの記載もあった。練習場訪問の予定日を決め、あとは雨が降らないことを祈るのみ。

こうして俺たちの旅は始まった。

LXbSzrxx96O81G51472188311_1472188333

当日。

相鉄線の上星川駅に集合したメンバーは、歩いて練習場に向かうことにした。

練習場までは徒歩20分とのこと。いける!

ところがどっこい、目の前には延々と登り坂。俺たちはこんなのには負けん!!!

QigAoZhRTzHY3lR1472188271_1472188294
でも……運動不足気味の俺たちの体力はついに限界を迎えた。

そこに救世主となるバスが……通り過ぎた。

L4jd3R7uUJwwaPv1472188362_1472188387
つ、着いたぁ!

この日の練習は午前9時スタート。

平日の午前中にもかかわらず約30名が見学に来ていた。夏休みということもあってかファミリーの姿も多く見掛けた。なお、練習スペースは写真・動画撮影禁止。ご来場の際はお気をつけください。

9時半頃には選手が全員集まり、ジョギング→ストレッチ→パス練習と約10分間、ウォーミングアップが続いた。我々は全員無言(ファン目線)。その後に始まったパス&シュート練習では、ゴールキーパーとの真剣勝負が繰り広げられ、俺たちは「うぉ~」、「すげ~」と盛り上がっていた……(完全にファン目線)。

ちなみに、お目当てのカズさんも全体練習をフルでこなしていた。

EvgKTjc4_0UveMg1472188416_1472188438
運が良ければ練習後に選手のサインがもらえるかも!? ということで、我々も暑さに耐えながらその時を待った。

ffiYBqvb3tfBz4h1472188461_1472188504
しばらく練習場の外で待っていると、カズさん登場!

念願のサインもゲット! 一気に疲れもぶっ飛んだ!

8LqX1Tx1avdWYjf1472188692_1472188772

a83QFVHIFEHMel61472188820_1472188862

この日は37℃という酷暑にもかかわらず、とても気さくにサインに応じてくれました。これだけの親密さはJ2の魅力の一つと言えるかも。選手の皆さん、お疲れのところ本当にありがとうございました。

3BPJGO4meC3lB731472188876_1472188900

こうして俺たちの旅は終わった。

坂道の向こう側にあったのは、日本のサッカーファンにとっての、まさに夢の空間であった。

絶対にまた来よう、絶対に……。

横浜FCの練習を見学するなら、皆さんはぜひバスを使ってください。あの坂道はなかなかの強敵です……。

※データは2016年8月26日時点

【三浦知良選手の直筆サインプレゼントキャンペーン実施中!】

応募方法は、サッカーキング(@SoccerKingJP)、サッカーキング・アカデミー(@soccerking_a)のTwitterアカウントをフォローし、下記の投稿をリツイートするだけ!
応募者の中から抽選で1名様に、三浦知良選手の直筆サインをプレゼントいたします。


※応募期間は9月16日(金)12時までとなっています。
※当せん者の方には、TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)でご連絡いたします。「サッカーキング」のアカウントのフォローを解除するとDMが送れず、当せんの権利を失います。
※当キャンペーンについてのご質問や当せん結果など、Twitterリプライでの個別のお問い合わせは受け付けておりませんのでご了承ください。
※当せん通知をお送りしてから3日以内にご連絡がなかった場合、ご対応いたしかねますのでご了承ください。

横浜FCのクラブ公式HPはこちら

※データは2016年8月26日時点

■3つのポイントが、J1昇格を巡る争いを盛り上げる!

なかなか日の目を見ないJ2ですが、実はたくさんの魅力があります。毎週日曜日、J2を見ながらドキドキワクワクしてみませんか?
3つのポイントが、J1昇格を巡る争いを盛り上げる!

■ダイヤモンドの原石たち

香川真司や柿谷曜一朗が証明してみせたとおり、J2はダイヤモンドの原石たちが輝く舞台でもある。今シーズンも、さらなる飛躍を果たすべく、新星たちがJ2の荒波の中で躍動している。
ダイヤモンドの原石たち

■J2あるあるベスト11

日の当たることの少ないJ2リーグ……でも、応援や観戦にはやっぱり悲喜こもごもがあります。スタジアムへの行き方に迷ってサポーター同士の友情が芽生えたり、日曜開催だから翌日の仕事がつらくて土曜開催をうらやましく思ったり……。元日本代表が活躍していたり、気になるクラブハウスがあったり……。そんな“J2あるある”をJ2をこよなく愛するサッカーファンがベスト11形式で紹介します! J2ファンなら思わずニヤリとしてしまうものもあるかもしれません。
J2あるあるベスト11

■J2から羽ばたいた男たち

「日本人で有名な選手はみんなもともとJ1なんでしょ?」。こんなふうに思っている人は少なくないのではと思います。でも、それは勘違いです。J2にもダイヤモンドはいるんです! J1から来た者、数々のクラブを経験する中で芽が咲いた者、恩師に見いだされた者……J2には選手の様々な波乱の人生が見えます。その中でも才能に溢れながらも努力を続け、名声を勝ち取った男たちがいます。
J2から羽ばたいた男たち

●当記事はサッカーキング・アカデミーの短期セミナー「サッカーキングの特集ページを作ろう!」の参加者が企画立案から原稿執筆まで担当しました。
●「編集・ライター科」と「カメラマン科」について詳しく知りたい方は、資料請求でスクールパンフレットをお取り寄せください。送料無料です。

サッカーキング・アカデミー

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO