FOLLOW US

注目の上位対決は、鹿島が神戸に勝利! 大卒ルーキーDF濃野公人の今季4ゴール目が決勝点

2024.05.19

[写真]=J.LEAGUE

 2024明治安田J1リーグ第15節が19日に行われ、鹿島アントラーズヴィッセル神戸が対戦した。

 5試合負けなしで3位の鹿島がホームで、4連勝中で首位の神戸と激闘した。先に決定機を作ったのは神戸だった。6分、左サイドから武藤嘉紀がクロスを入れると、ペナルティエリア内でGK早川友基がキャッチしきれずこぼれる。これを酒井高徳が体勢を崩しながらシュートしたが、ゴールカバーに入った関川郁万がクリアに成功した。


 その後、両チームともになかなか決定機を作ることができない。11分に鹿島の仲間隼斗が左サイドからカットインして枠内シュートを放つが、GK前川黛也の正面に飛ぶ。33分には、神戸が前線のパスカットから最後は武藤がシュートするが、鹿島も佐野海舟のブロックでゴールを許さなかった。

 前半アディショナルタイムに鹿島がコーナーキックから関川がニアでヘディングシュート。しかし、これも枠を捉えることはできず、前半はこのままスコアレスで終了。互いにチャンスの少ない展開となった。

 後半もなかなか得点が生まれない展開となったが、81分に均衡が破れる。鈴木優磨からの絶妙なスルーパスで名古新太郎が最終ラインの背後へ抜けると、ペナルティエリア内の角度のない位置からシュートを放つ。GK前川が弾いてゴール前へボールがこぼれると、後ろから駆け上がってきた濃野公人が冷静にシュートし、ゴールネットを揺らした。濃野の今季4得点目で、鹿島が先制に成功する。

 終盤は神戸も猛攻を仕掛けたが得点を奪うまでには至らず、このまま1-0で試合終了。鹿島はこれで2連勝、6試合負けなしとなった。一方、敗れた神戸は連勝が4でストップした。

【スコア】
鹿島アントラーズ 1-0 ヴィッセル神戸

【得点者】
1-0 81分 濃野公人鹿島アントラーズ

濃野公人の関連記事

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO