FOLLOW US

G大阪が逆転勝利で4試合負けなし! 川崎Fは先制に成功するも痛恨の2連敗…

2024.05.19

 2024明治安田J1リーグ第15節が19日に行われ、ガンバ大阪川崎フロンターレが対戦した。

 立ち上がりからアウェイの川崎Fがボールを支配し、押し込んで試合を進めた。すると26分に先制点が生まれる。ペナルティエリア内の波状攻撃から遠野大弥のヒールパスを受けた家長昭博がゴール前の混戦に浮き球のパスを供給。これを瀬川祐輔がヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。川崎Fが連続攻撃から先制点につなげる。


 なかなかシュートまで持ち込めず、苦しい展開になっていたG大阪だが、失点後すぐに得点を取り返す。28分、左サイドで獲得したフリーキックを宇佐美貴史が蹴ると、中谷進之介が触れてゴールに吸い込まれた。この試合の初シュート、中谷の加入後初ゴールで、G大阪が1-1の同点に追いついて前半を折り返す。

 後半に入ると、ウェルトンがシュート性のクロスを放つなど、G大阪がゴールに迫る。すると、70分に得点が生まれた。右サイドからのコーナーキックを宇佐美が蹴ると、ニアサイドで福岡将太がヘディングシュートし、ゴールネットを揺らした。

 逆転を許した川崎Fも、家長が強烈なミドルシュートを放ちゴールを脅かす。しかし、81分にG大阪がカウンターから追加点を奪った。ダワンのスルーパスから抜け出した坂本一彩は高井幸大に阻まれたが、こぼれ球を拾った山下諒也が冷静にパスを選択し、最後は倉田秋がシュート。ゴールへ押し込み、リードを2点に広げた。

 試合はこのまま3-1で終了。G大阪が4試合負けなしとなり、敗れた川崎Fは2連敗となった。

【スコア】
ガンバ大阪 3-1 川崎フロンターレ

【得点者】
0-1 26分 瀬川祐輔(川崎フロンターレ
1-1 28分 中谷進之介(ガンバ大阪
2-1 70分 福岡将太(ガンバ大阪
3-1 81分 倉田秋(ガンバ大阪

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGガンバ大阪のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO