2016.09.02

SC相模原の「MOVE」に出会う旅 第2話 菊岡拓朗が胸に秘めていること「毎日、大事に、1試合の重みを」

サッカー総合情報サイト

思い詰めずに、少し楽観的に物事を見つめる

「まだまだ老け込む年ではないと思っていますから」と語ったのは、6月30日に31歳となる菊岡拓朗である。

 菊岡は、法政大学サッカー部から2008年に水戸ホーリーホックに加入すると、すぐにレギュラーの座をつかむ。その後、東京ヴェルディ1969に移籍し、栃木SCからコンサドーレ札幌とキャリアを積み重ねていく。そして、SC相模原に加入することになるのだが、札幌では契約満了でチームを去ることになった。

「プロになってから、試合に出られていて、出られることが当たり前だと考えるようになっていた。札幌に移籍してから試合に出られない時期があって、そこではじめてアウトになった。そういう経過を考えると、もっと毎日、大事に、1試合1試合の重みというか、試合に入るための気持ちというものが強くなったんです」

 札幌で試合に出られなくなったときに、どうしたら試合に出られるようになるのかと時間をかけて考えて、そして悩み抜いたという。

「もう、本当に、いろいろ考えました。いくら考えてもうまくいかなかった。監督が何を求めているのかとか。どういうプレーをすれば試合に出られるんだろうかとか。結局、僕的には、監督が求めているプレーヤーではなかった、という結論にいたったんです。あのときはいろいろ考えたけど、相模原に来て、そういうモヤモヤしたものを吹っ切って、自分が思いっきり楽しめるようにやれればいい、と考えるようにしたんです。きっと、それでいい。いま、相模原に来てそう思うんです」

 札幌から契約満了を告げられる前、2015年11月2日に右足関節遊離体除去の手術を行う。関節遊離体とは、軟骨や骨の小片が、関節内に遊離して動きまわるもので、痛みやひっかかりを感じ、関節が伸ばせない、曲げられないなどの症状がみられるものだ。治療方法として、一般的に、からだへの負担が少なく、回復も早い関節鏡を用いた手術が行なわれる。

 試合に出られずに悩んでいた菊岡は、この時期に手術と契約満了という試練の前に立たされる。しかし、彼は、自分にどれほどの不安が押し寄せようとも、楽観的に物事を捉えるようにした。
「不安はありましたけど……『大丈夫だよ』と考えるようにしました。チームにしても……『どっかあるだろう』と漠然と思っていましたね。相模原に来た理由ですか? それは、望月(重良)会長が声をかけてくれたからです」

 菊岡は、望月会長から誘われて相模原に移籍してきた。札幌で試合に出られなかった菊岡。そんな彼が、チームの中心選手として毎試合、ピッチに立っていられる。サッカー選手としてこれほどの喜びはない。

「いま、コンスタントに試合に使ってもらっていて、やりがいがすごくある。中心選手として試合に出られているということで、すごい充実感もあります。それに、(薩川了洋)監督のサッカーは、ボールをつなごうとしているし、自分のサッカー感にもフィットしています」

 今季から監督になった薩川監督は、菊岡のプレーに対して様々な注文をつける。

「監督は、『良いことは良い』『悪いことは悪い』『ダメなものはダメだ』と誰にでも、はっきり言ってくれます。本音で話してくれるので、すごくやりやすいです。選手との距離が近い監督ですね。自分は、ポジショニングのところとかを言われます。ボランチとか最終ラインがボールをもったときの自分の立ち位置とかです。ビルドアップの際に、『ここに顔をだしてくれ』とか。それから、チームとしての守備のやり方を指摘されます。『前から行きすぎているときは下がれ』とかですね」

試合内容と失点場面を振り返る

 戦術眼の高い菊岡の目には、この日の試合(6月19日 第13節 対カターレ富山戦)がどのように映ったのだろうか。

「自分は、やっぱり点が取れなかったので、それがすべてですね。無駄なミスからセットプレーを相手に与えて、時間帯も気をつけなければならないのに。チャンスがいくつもあった中でのセットプレーでの失点。相手にとっては最高の先取点であったし、うちにとっては最悪な失点だった」

――相模原は、というか、得点能力が少ないチームはどこもそうだけれども、前半は抑えて後半にペースアップするというやり方なの?
「前半は抑えて、後半にパワーを出していく。そのパターンでうちは勝ててきたんです。ただ今日は、試合開始早々に前から行けていたので。チャンスが何度もあって、決められるところもあった。そこを決められなかったから(前半終了間際の失点により0-1で敗れる)。逆転勝ちできた試合でした」

――菊岡選手は、中央から縦パスという攻撃を意識していたよね。
「中央からの攻撃はいつも意識しているところです」

――この試合は、サイドの保崎(淳)選手と富山の北井(佑季)選手のマッチアップが見ものだった。それに深井正樹選手が後半になって出てきたけれど、それについてはどういう感想をもっている?
「今日に限って言えば、サイドの選手がアグレッシブでしたね。(保崎と北井のマッチアップについては)『おっ、やってるな』と。後半から出てきた深井さんが、あれだけパワーをもって出てくれると、すごく助かります。他の選手で頭からプレーできるような選手が出てきたら、さらにオプションが増えますよね。試合途中からのパワーがいつも不足しているのかなと、自分的には感じていたので」

――失点の場面はどんな風に映ったの?
「失点のときは、ゴールキーパーが相手の選手と競り合って、そのあとのうちの反応がちょっと遅かったかな、と思います。相手の方がボールへの反応が早かった。GKが前に出てボールを弾こうとした。うちの選手がゴールカバーに入ったと思うんですけど、マークをほっちゃったんですよね。そこは判断が難しいですけども、マークにつくのか、相手をほってゴールにつくのか。難しかったとしても、防げない失点ではなかった」

 前半41分の失点の場面を振り返ってみよう。

 ゴールエリア内には相模原の選手が6人に対して、富山の選手は4人だった。数的優位に立つ相模原。コーナーキックから蹴られたボールは、ゴールエリア内のファーサイド寄りに到達する。ゴールキーパーの川口能活がパンチングでボールを弾こうと前に出てくる。このときに、富山の2人の選手が川口と競り合って、弾かれたボールがニアサイド寄りにいた北井のところに飛んでくる。北井には、フォワードの普光院誠が付いていた。しかし、普光院は、マークをしている北井を見切って、ゴールマウス前にポジションを移動する。ゴール前にはすでに、菊岡を含めて2人の選手がカバーに入っている。菊岡の言う通り、マークを捨てるかゴールをカバーするのか、判断において難しい局面だったことは確かだ。だか、はっきり言って、あの場面でマークを捨てる判断をした普光院のミスである。ゴールマウス前には、すでに2人の選手がカバーをしていたので、マークする選手を最後までケアすることが先決だった。

 23歳という若い普光院には、当然、経験不足という言葉が今は付きまとう。この経験を次につなげてほしいものだ。

勝っていけば、何かが変わってくるかもしれない

 いくつもチームを渡り歩いてきた菊岡。31歳を目前にして、チームへの想いが日々強くなっていると言う。そんな菊岡に「サッカーをやっていて、今が一番楽しいのでは?」と訊ねた。菊岡は、しばらく考えてからこう話した。

「一番楽しいかどうかは難しいかもしれないんですけど、ただ、毎日、自分自身成長していきたいと思っています。まだまだ、老け込む年ではないと思っているので。常に毎日を大切にして、いま試合に出られているし、すごく充実しています。相模原のために、チームを勝たせるために、やっていきたいという強い気持ちはすごくあります」

――ライセンスの問題で、J2リーグに昇格できないチームにいて、菊岡くん自身、モチベーションを維持するのは難しくないの?

「それについては、あまり思わないですね。毎週試合があって、目の前の試合でいいプレーして勝ちたい、ということしかない。Jリーグの舞台で真剣勝負できること自体が誇りです。それで勝ち続ければ、何かが変わってくるかもしれない。それは、自分の価値を上げることだったり、チームの価値を上げることだったりしますよね。試合に出られないときがあって、相模原に来て公式戦出場。ひさびさだったんです。サッカー選手は公式戦に出てなんぼのものだと思う。成長も全然違うし。いま、真剣勝負ができていることがすごく楽しいんです」

 試合が終わって、菊岡が控え室から出てくるのを待って話を聞いた。2人での立ち話が続いたのだが、そろそろ終わりの時間が迫ってくる。「最後に、サポーターに対して何かメッセージはある?」と聞いてみた。

「目の前の試合に勝つことだけを僕は考えている。サポーターが試合を見て喜んでもらって帰ってくれるようなプレーをしたいと思っている。今日もスタジアムにけっこう(5,668人の観客)入ってくれた。勝ってまたスタジアムに来たいと思われるようなプレーをしたいんです」

 この談話が、偽らざる菊岡の心境である。勝ち続けて何かが変わってくるのを見届けるために、今日も菊岡は、真剣勝負の場に向かうのである。

<了>

第3話に続く

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る