2014.07.18

【J1第15節予想スタメン 柏vs仙台】守備の要を欠く柏、新システムで勝ち星を挙げられるかに注目

柏は退団した田中順也の穴を埋められるか [写真]=Getty Images

柏レイソル 新システムを導入し、攻撃面を強化

 柏にとって、中断期間中の田中順也の移籍はあまりにも突然すぎた。チームは前半戦の戦い方を踏襲し、そのクオリティーを上げることを目的としてトレーニングを積んでいたため、その狙いが大きく狂う運びとなった。

 そこでネルシーニョ監督は従来の3-4-2-1に加えて、3-5-2の新システムにも着手し、攻撃面のテコ入れを図る。現時点では未知数な部分の多い新システムだが、茨田陽生狩野健太の攻撃力を生かせるという利点があり、この試みがうまくいけば、前線は工藤壮人レアンドロの2トップということもあり、退団した田中の穴を補うことにもつながる。実際に天皇杯2回戦では、岡山ネクストとの実力差があったとはいえ、4-0の快勝を収めた。チャンスの数を考えれば、もっと点差がついていい試合だった。

 また、韓国代表のキム・チャンスハン・グギョンは、6月中もワールドカップで実戦をこなしていたとあって非常に調子が良い。ハン・グギョンは「疲れは多少残っているが、この調子をキープしていきたい」と語っており、ワールドカップの悔しさを後半戦のJリーグにぶつけるという意気込みも。

 J1再開に照準を合わせて調整を進めてきた近藤直也は結局間に合わず、今節は欠場が濃厚となった。守備の要の欠場は痛手だが、増嶋竜也鈴木大輔渡部博文と3バックのメンバーは揃っているため、それほど大きな問題にはならないだろう。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
3‐4-2-1
GK
21 菅野孝憲
DF
4 鈴木大輔
5 増嶋竜也
23 渡部博文
MF
13 高山薫
20 茨田陽生
7 大谷秀和
22 橋本和
9 工藤壮人
14 狩野健太
FW
11 レアンドロ

ベガルタ仙台 プレス―ズンマッチと天皇杯で連敗…攻撃面での連係に期待

 リーグ戦が中断する前に、仙台は4連勝を達成していた。序盤戦の低迷から渡邉晋監督就任後に復調。再開後も連勝を伸ばし、12位からさらに浮上したいところ。しかし、7月のプレシーズンマッチ新潟戦と天皇杯2回戦奈良クラブ戦で連敗したことから、リーグ戦には今まで以上に気を引き締めて臨まなければならない状況にある。

 特に注意しなければいけないのは攻撃面だ。中断期間中には6月の延岡キャンプなどで、サイド攻撃やカウンター以外にも得意な攻撃の選択肢を増やすべく連係を強化した。しかし、練習試合でこそ成果は表れているものの、前述の2試合では1点止まりに終わった。無理して2点目を取りたいがために前掛かりとなり、守備が薄くなってカウンターで失点、という悪循環が続いているために、確実に加点できる能力を公式戦でも発揮しなければならない。難敵・柏を相手にウイルソンの負傷欠場が濃厚と、仙台は苦しい状況にあるが、出場可能なメンバーに期待したい。

 裏返せば、練習試合どおりの連係を駆使して相手最終ラインの裏を突いて得点できれば、もともとの守備は安定しているだけに好循環に持ちこめる。キャンプから好調な八反田康平や、FW起用で連係を深めた鈴木規郎に加え、負傷から復帰した赤嶺真吾にも期待したい。そしてパワーと技術を兼備した新戦力のハモン・ロペスも、攻撃にポジティブな変化をもたらせる存在だ(板垣晴朗)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
21 関憲太郎
DF
25 菅井直樹
2 鎌田次郎
6 角田誠
5 石川直樹
MF
11 太田吉彰
17 富田晋伍
27 武井択也
10 リャン・ヨンギ
FW
24 赤嶺真吾
13 柳沢敦

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る