2018.12.29

<矢板中央>“脅威の2トップ”と“多彩なアタッカー” 爆発的な攻撃力に期待【選手権出場校紹介】

矢板中央が誇るツインタワー、大塚(左)と望月(右) [写真]=安藤隆人
世界各国を放浪するサッカージャーナリスト。巷ではユース教授と呼ばれる。

 矢板中央には全国のDFを脅威に陥れる“脅威の2トップ”がいる。181センチの大塚尋斗(3年)と190センチの望月謙(3年)。2人が前線に並んだ時、相手にとってはとんでもない圧力を感じるだろう。

 だが、この2人が同時にピッチに立つ時間はそんなに長くない。去年から出番を得ているが、スタートで望月が1トップとして出て、圧倒的な高さを駆使して相手のラインを下げさせてから、フットサルU-19日本代表でもあり、足下の技術に長けたポストプレーヤーである大塚を投入して、MF板橋幸大や飯島翼(ともに3年)といった個の打開力に秀でたアタッカーが一気にゴールを陥れる形で戦っていた。さらに大塚は両足から放たれる“キャノン砲”を持っており、「ドーーーーン」と重い音がするシュートで、下がったDFラインとゴールを突き破る。

 この“望月→大塚”はまさに矢板中央の『必勝リレー』だった。今年もこのリレーが続いたが、望月のケガと大塚の成長により、大塚が先発、試合途中に望月が投入され、2人が前線に君臨する“脅威の2トップ”が誕生するようになった。

 高円宮杯プレミアリーグ参入決定戦の大津戦でも、1-2で迎えた57分に望月が投入されて、この2トップがピッチに。結果は1点を追加されて1-3で敗れたが、試合後に大津のCB福島隼斗(3年、湘南ベルマーレ内定)をもってしても、「大塚とはまだ競り負ける所もありましたし、望月には全然競り勝てなかったので、プロに行ったらそういう選手ばかりだと思うので、どうにかして勝たないといけないと改めて感じた。本当に悔しかった」と言わしめるほどだった。

 そして、前述したように恐ろしいのはこの2トップだけでない。その後方に控える板橋、飯島、山下純平、土谷大晟、伊藤恵亮、木村泰晟(ともに3年)といった“どぎつい個性”を持ったアタッカーが、湧き出るようにしてゴールに迫ってくるのだから、より恐ろしさは増す。

 今挙げた6人は誰が先発するか分からない。相手によって変わるし、それぞれがジョーカーとして試合途中から次々と送り込まれていく。彼らが大塚の1トップ、そして望月と大塚の2トップにハマった時、矢板中央の攻撃の破壊力は凄まじいものになる。

 今大会、“脅威の2トップ”と“どぎつい個性を持ったアタッカー”。この2つを封じ込めるチームは現れるのか。それとも爆発をして、悲願の全国制覇まで辿り着けるのか。今年の選手権の大きな見所の1つだ。

取材・文=安藤隆人

【選手権出場校紹介】のバックナンバー

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る