2019.02.26

【短期集中連載】ゲームライター丸谷の『FOOTISTA塾』…… 第1回「『FOOTISTA』ってどんなゲーム!?」

サッカー総合情報サイト

 3月14日の稼働開始を前に、事前登録や「シェアスカウト」なるキャンペーンが始まっている『WCCF FOOTISTA 2019』(以下、『FOOTISTA』)。サッカーファンなら誰もが知るアーケードゲーム『WORLD CLUB Champion Football』(以下、『WCCF』)の後継作だけあって、注目している方も多いはず。
そんな『FOOTISTA』の全貌(?)に迫るべく、サッカーキング編集部が白羽の矢を立てたのはゲームライターの丸谷健太氏。長年『WCCF』を“濃密に”追いかけてきた丸谷氏による全5回の連載を通じて、『FOOTISTA』の魅力を紐解いていく。記念すべき第1回は、ズバリ「『FOOTISTA』の基礎知識」です。
※ゲーム画面は開発中のものです

文=丸谷健太(ゲームライター)

■『FOOTISTA』の魅力 その1

〜直感操作で奥深い駆け引きの対戦が楽しめる〜

 筐体に描かれたピッチ(フラットリーダー)に選手カードを配置して動かすと、ゲーム画面内にも選手が現れて動き出す……という『WCCF』が“発明”しアーケードゲーム界全体の流れも変えた直感的な操作は『FOOTISTA』にも継承されている。試合中に選手に指示を与えるのも、ボタンを押す(シュート、キーパーの飛び出し、プレスなど)、もしくは選手カードをこすりながらボタンを押す(スキルの発動、ホットラインの指示、マンマーク)だけで完了するため、難しい操作を覚えることなくゲームのキモとなる試合を楽しむことが可能だ。


ピッチを模した筐体中央のフラットリーダーに選手カードを置くと、ゲーム内にもその情報が反映される。フラットリーダーにカードを並べた通りに、ゲーム内でも選手が登場する。

『WCCF』シリーズにおけるプレイヤーの役割はチームを率いる“監督”であるため、試合中のプレイは選手個々に設定されたAIが判断して選択する。シュートやプレスなどの指示を出し、チームを勝利に“導く”のが目的となる。

 そして『FOOTISTA』では、試合パートの内容がより濃密に進化した。チームの軸になるパスコース、攻めの起点を決められる“ホットライン”を設定することや、相手の攻撃を“プレス”や“マンマーク”でつぶしに行かせるなど、ボタンの入力で試合に目に見える形で介入できるシチュエーションが旧シリーズより増加している。
 また、ホットラインを生かす/つぶすのが重要なため、プレイヤー同士が対戦する際の勝負どころがわかりやすく可視化されたのもポイント。対人戦では敵の裏をかくホットラインを形成しつつ、こちらは相手のホットラインを見つけ出し、マンマークでの“ブレイク”を狙うといった、勝敗を左右する読み合いが水面下で終始展開されるのも大きな特徴のひとつだ。

ホットラインの導入によってチームの攻めの軸が可視化されたほか、選手の能力値やポジション適正などもより詳細に表示。『WCCF』では見えにくかった部分の多くが、『FOOTISTA』では数字やビジュアルで把握できる。

ただし対戦相手が設定しているホットラインなど、相手チームの情報がすべて見えるわけではない。対人戦では相手のホットラインを予測してプレイすることが勝利の近道となる。

これまで公開されてきた事前情報では対人戦が強く推し出されているが、CPUチームと戦える“カップ戦”も用意されている。じっくりチームを育成できるほか、カップ戦で優勝すると特定の選手カードが手に入るなど、カップ戦独自のメリットも用意されている。

■『FOOTISTA』の魅力 その2

〜細かなカード追加でサッカーシーンの動きに対応〜

 『FOOTISTA』では、試合部分が大きく変化しただけではなく、選手カードにも大きな革命が施されている。『FOOTISTA』の選手カードは、あらかじめ印刷されたカードがパックに封入されているのではなく、ゲーム内で“スカウト”した選手を筐体内部でその都度プリントする“オンデマンド印刷”方式へと移行した。この変化により、プレイヤーは手に入れた選手カードを“印刷するかどうか”を選択することができ、いわゆるダブりカードを持ち帰る必要がなくなった。さらに実カード化させなかった選手は2枚で新たにスカウトが可能になる“チケット”に変換されるため、新たな選手を獲得するための資源として活用する、ということも可能だ。

スカウトは試合前のチームマネージメントパートで行うことが可能。クレジットを追加投入することで、1プレイで最大4枚までスカウトで入手した選手カードを印刷できる。

 そして2~3カ月に1回のペースで選手カードを追加していくという、ゲームのバージョンアップのサイクルも変化。このおかげでゲーム内の環境が停滞しないというメリットはもちろん、将来的には現実で大活躍した選手の能力をアップさせて新たにカード化、いきなりブレイクしたヤングスターや、移籍で『FOOTISTA』参戦クラブに加入したビッグネームをカード化する……といった、現実のサッカーシーンに対応しながらのバージョンアップにも期待できる。筐体、印刷技術の進化によって快適さとリアルサッカーへの親和性が上がったのも、『FOOTISTA』の大きな魅力だ。

実カード化したすべての選手の情報がAimeカード(ゲームプレイに必要なICカード)に記録されるのも旧シリーズから進化したポイント。試合に出場する16人に登録しなくても経験値がリセットされることはないので、好きなタイミングで自由に選手を入れ替えられる。

■『FOOTISTA』の魅力 その3

〜欧州5大リーグ14クラブ+Jリーグの現役選手が続々カード化!〜

『FOOTISTA』にてカード化されるのは、サッカーファンにとってはおなじみ、イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランスのビッグクラブに所属する選手たちだ。

[イングランド]
・アーセナルFC
・マンチェスター・シティーFC
・リバプールFC
[フランス]
・パリ・サンジェルマンFC
[ドイツ]
・ボルシア・ドルトムント
・FCバイエルン・ミュンヘン
[イタリア]
・ASローマ
・ユベントス
・SSCナポリ
・SSラツィオ
[スペイン]
・クラブ・アトレティコ・マドリー
・FCバルセロナ
・レアル・マドリーCF
・バレンシアCF

 上記の14クラブに関しては現在ピッチ上で活躍している現役選手のほか、クラブを代表するレジェンド選手も随時追加予定。さらには2018シーズンのJ1を戦った、Jリーグ18クラブの参戦も確定! ヨーロッパとJのトップ選手を競演させる遊びも、稼働スタートから行うことが可能だ。

WCCF FOOTISTA 2019

稼働開始日:2019年3月14日
ジャンル:トレーディングカードアーケードゲーム
メーカー:セガ・インタラクティブ
公式サイト:https://www.footista.jp/teaser/
©SEGA ©Panini S.p.A. All Rights Reserved. The game is made by Sega in association with Panini.

FOOTISTA事前登録受付中!
登録して選手カードをゲットしよう


Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
13pt
柏レイソル
12pt
甲府
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
9pt
藤枝
9pt
C大23
7pt
Jリーグ順位をもっと見る