2016.02.23

ホームに強いユーヴェが天敵バイエルンを迎え撃つ…CL予想先発

Generated by  IJG JPEG Library
CLで対戦するユヴェントス(上)とバイエルン(下) [写真]=Getty Images,Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメントが16日に開幕。23日に行われる1回戦ファーストレグでユヴェントスとバイエルンが対戦する。UEFA(欧州サッカー連盟)が22日に同試合の予想先発メンバーを公式サイト『UEFA.com』に掲載した。

 2012-13シーズン以来の対戦となる両者。当時は準々決勝で対戦し、バイエルンが2試合合計4-0と完勝していた。ユヴェントスはグループステージでの対戦も含めて、直近の10年間ホームで行われたCLの試合で2度しか敗戦を喫していないが、いずれもバイエルンという不吉なデータもある。

 ユヴェントスはセリエAでクラブ記録となる15連勝を飾っていたが、前節のボローニャ戦はスコアレスドロー。それでもリーグ戦首位に立っており、好調を維持している。前日会見に臨んだマッシミリアーノ・アッレグリ監督は「ホームで0-0なら素晴らしい結果だと思う。突破に望みを残した状態で、敵地での第2戦に赴くことが大事だ」と話し、ドイツ王者に対して必ずしもホームで勝利する必要はないとの見解を示した。

 予想フォーメーションは「4-4-2」で、先発メンバーにはイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン、フランス代表MFポール・ポグバ、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラらが入った。また、13日のナポリ戦で復帰したドイツ代表MFサミ・ケディラ、1月24日のセリエA第21節ローマ戦以降出場がないクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチも予想スタメンに名を連ねている。

 対するバイエルンはリーグ戦では22試合で19勝2分け1敗と圧倒的な強さを見せており、2位につける日本代表MF香川真司が所属するドルトムントに勝ち点差「8」。不安材料と言えば負傷者が続出している点だろうか。ジョゼップ・グアルディオラ監督は「ラウンド16を迎えたが、このステージは常に難しく、一筋縄ではいかない。ユヴェントスはシーズン序盤こそ不振に苦しんだものの、今では自らのスタイルを取り戻し、調子を上げている。それだけに、面白い試合になるだろう」と、接戦になると予想しながらも突破に向けて自信をのぞかせた。

 予想先発メンバーにはオランダ代表MFアリエン・ロッベン、ドイツ代表FWトーマス・ミュラー、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキらが名を連ねた。一方で、20日に行われたダルムシュタット戦で復帰した元フランス代表MFフランク・リベリーや昨夏にユヴェントスから加入したチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルはベンチスタートの予想。また、内転筋を痛めているドイツ代表DFジェローム・ボアテング、同DFホルガー・バトシュトゥバー、スペイン代表MFハビ・マルティネスは欠場が見込まれている。

『UEFA.com』による予想先発メンバー

□ユヴェントス「4-4-2」

▽GK
ジャンルイジ・ブッフォン

▽DF
シュテファン・リヒトシュタイナー
アンドレア・バルザーリ
レオナルド・ボヌッチ
パトリス・エヴラ

▽MF
フアン・クアドラード
クラウディオ・マルキージオ
サミ・ケディラ
ポール・ポグバ

▽FW
マリオ・マンジュキッチ
パウロ・ディバラ

■バイエルン「4-4-2」

▼GK
マヌエル・ノイアー

▼DF
フィリップ・ラーム
ジョシュア・キミッヒ
ダヴィド・アラバ
フアン・ベルナト

▼MF
シャビ・アロンソ
チアゴ・アルカンタラ
アリエン・ロッベン
ドゥグラス・コスタ

▼FW
トーマス・ミュラー
ロベルト・レヴァンドフスキ

欧州順位ランキング

マンチェスターC
9pt
チェルシー
9pt
マンチェスターU
9pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
3pt
ウォルフスブルク
3pt
ケルン
3pt
欧州順位をもっと見る
ラスパルマス
6pt
バルセロナ
6pt
Rマドリード
6pt
欧州順位をもっと見る
ジェノア
6pt
ユベントス
6pt
サンプドリア
6pt
欧州順位をもっと見る