2013.01.30

【FXSC スペシャルインタビュー】工藤壮人(柏)「国立のスタンドを黄色に染めてもらいたい」

工藤壮人
 昨シーズンのJリーグ王者と天皇杯王者が激突する「FUJI XEROX SUPER CUP」。2013年、シーズンの幕開けを告げる大一番は、2月23日(土)に国立競技場で開催する。今年で20回目の節目を迎える大会で、栄光を勝ち取るのは、2012Jリーグチャンピオンのサンフレッチェ広島か、それとも第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝の柏レイソルか――。昨シーズン、チーム最多の13ゴールを決めて今シーズンから9番を背負う新エース、工藤壮人が広島との一戦を前に意気込みを語った。

――昨シーズンはFUJI XEROX SUPER CUPで勝利しましたが、その後のACL初戦(ブリーラム戦)で敗戦。リーグ開幕戦(横浜FM戦)も引き分けとなりました。チームとしてうまく行っていないという印象や序盤の難しさはありましたか?

工藤壮人  うまく行っていないという感覚はありませんでしたが、FUJI XEROX SUPER CUPを良い形で勝った後に、ブリーラムに行ってまずACLの厳しさを感じました。J1開幕戦も意識はしていなかったですが、王者のプレッシャーがあったかもしれません。相手もこれまで以上に僕らを研究してきますし、相手の意気込みというのはすごい伝わってきました。終盤戦のホームでのG大阪戦(11/7)もそうですけど、終了間際に追いつかれる試合が多かったので、勝ちきれる試合でしっかりと勝っておけばというのはありました。チームとしては、序盤になかなか勝てず少しネガティブになった部分もありましたが、川崎F戦(5/12)でチーム全体としてもっと細かいところまで話し合っていこうと意識して臨みました。その結果、相手にもほとんど決定機を作らせずに、2-0で勝てたので、そこは一つのターニングポイントだったと思います。自分としても1ゴール1アシストできて、その試合あたりから徐々に波に乗ることができました。

――2012年天皇杯優勝について振り返ってください。

工藤壮人  天皇杯はアマチュアクラブと対戦することもあり、戦い方が非常に難しい大会です。実際、横河武蔵野FCとの戦いは厳しい試合になりました。それでも、しっかり勝ち上がれたことは、レイソルとしてとても意味のある大会だったと思います。しかも、優勝すればACLに出場できる特典もあり、それに向けて戦ってきた中で、準々決勝の大宮戦は半分ダメなんじゃないかと誰もが思ったと思いますが、その試合を引っくり返せたことで流れに乗り、優勝まで上り詰められたと思っています。だから、大宮戦で決めた決勝点、準決勝でもゴールを決めて勝てたというのは、個人として大きな意味がありました。決勝は残念ながら出られなかったですが、チームに託し、安心して見ていました。内容的にはG大阪に押された部分もありましたが、勝負にこだわってレイソルの勝負強さを見せることができましたし、ユニフォームに3つ目の星をつけることができたのは本当に価値があったと思います。

――今シーズンから柏にとって非常に大きな意味をもつ「9」番を背負うこととなりました。新背番号で迎える2013年シーズンの目標をお聞かせください。

工藤壮人  9番を背負うことになったからといって気持ちの変化というのは特別ありません。ただ、9番はその責任を持たなければ、絶対に付けてはいけない番号ですし、個人もそうですが、チームの勝敗に対しても責任を問われる番号だと思っています。自分が結果を出すだけでなくて、チームを勝利に導くゴールが取れるように、背番号に恥じないようなプレーしていきたいと思っています。昨シーズンの13ゴールは最低限の目標で、今年は15ゴールを超えていきたいですし、そうなれば自ずとチームの勝利につながると思います。

――FUJI XEROX SUPER CUPで対戦する広島について聞かせて下さい。会見でやりづらい相手だと話していましたが、具体的にはどのあたりでそう感じていますか?

工藤壮人  広島はどのチームよりもピッチを広く使って、両サイドのミキッチ選手、清水選手は個人で局面を打開できます。基本的にボールがサイドにある時、逆サイドの選手は中に絞ることが多いんですが、広島の選手はしぼらずサイドに残っていたりします。当然、レイソルのサイドバックはその部分が気になりますし、そのことで横にボールを動かし揺さぶりながら、縦に決定的なパスが通るようになったりします。空いたスペースを抜かりなく見つけて、高い精度でプレーしてくるのでやりづらいですし、ビルドアップから常に相手の先手先手を取ってくるので本当に手強いですね。

――そんな広島と対戦するFUJI XEROX SUPER CUPですが、意気込みをお願いします。

工藤壮人  去年はFUJI XEROX SUPER CUPで勝利することができました。天皇杯もそうですが、カップ戦で勝つと負けるとでは、こんなにも違うんだというのを毎回感じています。一つひとつのタイトルを取っていくことが今のレイソルには必要だと思いますので、FUJI XEROX SUPER CUPでもしっかりとカップを掲げて、また今シーズン1年を始めたいなと思っています。そのためにも、会場の国立競技場は広島よりも柏の方が距離的に近いので、スタンドを黄色に染めてもらいたいなと思っています。

――最後に、工藤選手にとってサポーターというのはどういう存在か教えてください

工藤壮人  降格した時などには厳しい言葉をかけられましたが、今は一回の負けに対して、そしてチームが上位に向かっていくための厳しい言葉というのが非常に多くなってきていて、全ての方たちの見る目が変わってきているというのをチームみんなが実感しています。だからこそ、サポーターのみなさんには悪い時にはもっともっと厳しくしていただいて良いと思いますし、それに対して選手が発奮してがんばらなければいけないと思っています。結果を出せば日立台であれだけ喜べる、というのは選手のモチベーションになっています。サポーターのみなさんには喜ぶときには喜び、怒るときには怒ってもらい、これからも良い関係を築いていければと思っています。もっともっと盛り上げていただければありがたいです。

【新シーズンの開幕を告げる大会が今年も!FUJI XEROX SUPER CUP 2013】
2013年2月23 日(土)13:35キックオフ/国立
サンフレッチェ広島 vs 柏レイソル

★チケット好評発売中!
http://j-ticket.pia.jp/tp/xscup/

写真=兼子愼一郎