2013.01.18

【注目試合プレビュー】ブンデスリーガ再開、日本人対決は3カード

乾貴士乾貴士は前回のレヴァークーゼン戦で同点ゴールを演出 [写真]=原田亮太

【ブンデスリーガ第18節】
レヴァークーゼン(2位 33pt 10勝3分4敗 33得点22失点)
vs
フランクフルト(4位 30pt 9勝3分5敗 33得点27失点)

 約1カ月のウインターブレイクが終わり、ブンデスリーガの後半戦がついに幕を開ける。レヴァークーゼンがフランクフルトをホームに迎える一戦は、2位と4位の上位対決。互いの勝ち点差が3と接近していることに加え、首位を独走するバイエルン追走には、これ以上勝ち点を落とせないからも、両チームともに是が非でも勝利が欲しいところだ。

 2位のレヴァークーゼンは、リーグでのホーム戦は6勝2分けの無敗で現在4連勝中と、無類の強さを誇っている。一方、フランクフルトも昇格1年目で4位につける健闘を見せ、開幕戦ではレヴァークーゼンを2-1と逆転で下しているだけに、アウェーとはいえ十分に勝機はあると言えそうだ。

 また、好調な2チームの中で活躍を続ける2人の日本人選手も要注目。レヴァークーゼンのMF細貝萌は、前半戦で本職ではない左サイドバックでの起用が多かったが奮闘を見せた。首位のバイエルンに唯一の土をつけた一戦やジェエルソン・ファルファンを抑えきったシャルケ戦など、守備面での働きは目を見張る。フランクフルトに所属するMF乾貴士も、前半戦は3試合連続ゴールを含むチーム3位となる5得点。第16節、第17節と連続ゴールを挙げ、チームも連勝で終えた前半戦の勢いを今節にも持ち込みたいところ。

 また、他チームに目を向けると、今冬に清水から移籍してきたFW大前元紀を加えたデュッセルドルフは、アウグスブルクをホームに迎える。大前自身はベンチスタートが濃厚となっているが、ウインターブレイクに行われた練習試合にもコンスタントに出場していたことからも、途中投入での起用もありそうだ。

▼ブンデスリーガ第18節(日本時間)
2013年1月18日(金)
 28:30 シャルケ(内田) vs ハノーファー(酒井宏樹)
2013年1月19日(土)
 23:30 バイエルン vs グロイター・フュルト
 23:30 レヴァークーゼン(細貝) vs フランクフルト(乾)
 23:30 ヴォルフスブルク(長谷部) vs シュトゥットガルト(岡崎、酒井高徳)
 23:30 ホッフェンハイム(宇佐美) vs ボルシアMG
 23:30 マインツ vs フライブルク
 26:30 ブレーメン vs ドルトムント
2013年1月20日(日)
 23:30 ニュルンベルク(清武) vs ハンブルガーSV
 25:30 デュッセルドルフ(大前) vs アウクスブルク

「サッカーキング メールマガジン」がバージョンアップしました。

 コンセプトは「サッカーを365日楽しむための無料メルマガ」。1月11日(金)配信をスタートし、これまで掲載していたニュースのインデックスに、新たなコンテンツが加わります。サッカー史に歴史を刻んだ英雄たちを紹介する「ワールドサッカー・レジェンド名鑑」、シャビやアンドレア・ピルロを含む現役選手の過去のインタビューを掲載していく「インタビュー・ライブラリー」、『サムライサッカーキング』や『Jリーグサッカーキング』のスタッフが取材秘話などを明かす「サッカーキング制作日記」など、充実した連載も掲載予定。毎週、注目試合の見どころも紹介していきます。

 登録は至って簡単。サッカーキングの会員登録をするか、簡単なアンケートに答えて、空メールでメールアドレスを登録するだけ。登録完了の翌日から「サッカーキング メールマガジン」が1日1回配信されるようになります。登録は無料。簡単手軽に登録・解除ができるので、お気軽に申し込みください!

サッカージャーナリスト養成講座