2012.12.28

適応能力の高さで不慣れのポジションでの起用を克服、細貝萌のシーズン前半戦採点付き通信簿

写真=千葉格
細貝萌
 アウクスブルクからレヴァークーゼンに復帰した細貝萌の2012-13シーズンは、ベンチから始まった。開幕から4試合連続で出場機会なし。リーグ戦で出番が回ってきたのは、シーズンが開幕してから約1か月後の第5節アウクスブルク戦だった。チームメートの負傷で出場のチャンスを得ると、3試合連続で途中出場。第9節のバイエルン戦で先発の座をつかむとウィンターブレイクに入るまで9試合連続でスターティングメンバーに名を連ねた。

 とはいえ、ポジションは本職ではないサイドバックでの起用がほとんど。不慣れのポジションでの起用に当初、現地紙は厳しい評価を下していた。しかし、細貝は試合を重ねるごとに持ち前の柔軟性と適応能力の高さを発揮。徐々に、現地の評価も変わりつつある。ここでは、細貝の2012-13シーズン前半戦の全記録を、ドイツ紙『Kolner Stadt-Anzeiger(ケルナー・シュタット・アンツァイガー)』と『Rheinische Post(ライニッシェ・ポスト)』の寸評とともに振り返ってみよう。

▼2012-13シーズン 前半戦 細貝萌 出場記録
ブンデスリーガ:12試合・0得点・0アシスト

■9月26日|ブンデスリーガ第5節 vsアウクスブルク(A)3○1
出場時間:52分間(途中出場)
『Koelner Stadt Anzeiger』採点:3.5
『Koelner Stadt Anzeiger』寸評
「ライナルツに代わって入ったこの日本人は多くのバトルに勝利したが、パスが少し曖昧だった」

■9月29日|ブンデスリーガ第6節 vsグロイター・フュルト(H)2○0
出場時間:9分間(途中出場)
採点・寸評なし

■10月7日|ブンデスリーガ第7節 vsシュトゥットガルト(A)2△2
出場時間:15分間(途中出場)
採点・寸評なし

■10月28日|ブンデスリーガ第9節 vsバイエルン(A)2○1
出場時間:先発フル出場
『Rheinische Post』採点:4
『Rheinische Post』寸評
「不慣れな左サイドバックで、予想された問題を抱えることに。ミュラー、そして後にはラームにも幾度となく突破されることに。闘争心だけは出ていたが」

■11月4日|ブンデスリーガ第10節 vsデュッセルドルフ(H)3○2
出場時間:先発フル出場
『Koelner Stadt Anzeiger』採点:3
『Koelner Stadt Anzeiger』寸評
「これまで同様、この日本人選手はやや熱くなっているように見えたが、プレーは安定しておりミスも少なかった」

■11月11日|ブンデスリーガ第11節 vsヴォルフスブルク(A)1●3
出場時間:45分間(先発途中交代)
『Rheinische Post』採点:5
『Rheinische Post』寸評
「今回は左サイドバックとして荷が重すぎた。走りすぎたり、追い抜かされたりすることが度々あった」

『Koelner Stadt Anzeiger』採点:5
『Koelner Stadt Anzeiger』寸評
「ここ数試合、左サイドの助っ人としてプレーしている日本人選手には、とにかく荷が重すぎた。ヴォルフスブルクをやりたいようにやらせてしまった。ヴォルフスブルクの3点目は直接失点に絡んでしまった」

■11月17日|ブンデスリーガ第12節 vsシャルケ(H)2○0
出場時間:先発フル出場
『Rheinische Post』採点:3
『Rheinische Post』寸評
「対ファルファンというカギとなる対決では苦しい立ち上がりの後、こらえていた。そして、ペルー人が疲れ果てて交代させられるまでのプレーをした」

『Koelner Stadt Anzeiger』採点:2.5
『Koelner Stadt Anzeiger』寸評
「左サイドの間に合わせである日本人選手は、パワーのある(ジェフェルソン)ファルファンを相手に大きな役割を課せられたが、驚くほど見事にやってのけた」

■11月25日|ブンデスリーガ第13節 vsホッフェンハイム(A)2○1
出場時間:先発フル出場
『Rheinische Post』採点:3
『Rheinische Post』寸評
「遅くても前節のシャルケ戦以来、彼が愛される理由が見えた。あらゆる場面で挑み、力を傾けているからだ」

『Koelner Stadt Anzeiger』採点:4
『Koelner Stadt Anzeiger』寸評
「逆サイドのダニエル・カルバハルほどは良くなかった。とりわけ、この小さな日本人のいるサイドでホッフェンハイムがチャンスをつくった」

■11月28日|ブンデスリーガ第14節 vsブレーメン(A)4○1
出場時間:先発フル出場
『Rheinische Post』採点:3
『Rheinische Post』寸評
「左サイドの地味な働き者は、(ブレーメンの)フュルクルークをしっかり封じ込めた」

■12月1日|ブンデスリーガ第15節 vsニュルンベルク(A)1○0
出場時間:先発フル出場
『Rheinische Post』採点:4
『Rheinische Post』寸評
「開始から20秒、この試合最初のチャンスが彼にまわってきた。その後、彼から多くの攻撃的アクションが出ることはなかった。守備面では敵にチャンスを与えてしまうような危ないプレーがあった」

『Koelner Stadt Anzeiger』採点:3.5
『Koelner Stadt Anzeiger』寸評
「ニュルンベルクが攻撃で脅威となる時、それは彼のいる左サイドからということが多かった。1対1の場面では時として落ち着かず、テクニックに長けた相手には上手く利用されてしまっていた。だが、試合が進むにつれ、粘り強さを増していった」

■12月9日|ブンデスリーガ第16節 vsハノーファー(A)2●3
出場時間:先発フル出場
『Rheinische Post』採点:5
『Rheinische Post』寸評
「ハノーファーが攻撃で脅威となるとき、それは日本人選手のいるサイドからだった。この夜の出来には良い点は与えられない」

『Koelner Stadt Anzeiger』採点:4
『Koelner Stadt Anzeiger』寸評
「小さな日本人選手は自分の左サイドを驚くほどしっかり守っていた。だが、2-2になる前、ヤン・シュラウドラフがクロスを上げる場面だけ対応できなかった」

■12月15日|ブンデスリーガ第17節 vsハンブルガーSV(H)3○0
出場時間:先発フル出場
『Rheinische Post』採点:2
『Rheinische Post』寸評
「試合開始当初はやや集中力を欠いていたが、その後は右サイドバックとして競り合いにも非常に強く、クレバーなパスも供給し、見事な出来を見せた試合だった」

『Koelner Stadt Anzeiger』採点:4
『Koelner Stadt Anzeiger』寸評
「この若い日本人選手は代替要員として試合に送り込まれた。MFの選手ながら左サイドバックの助っ人に入ることもあれば、今回のように右サイドバックに入ることもある。懸命にプレーしていたが、攻撃面では効果的な動きができず、ビルトアップでも数多くの連携ミスがあった」