2015.12.23

仙台加入内定の市船主将、椎橋慧也「“借り”しかない」選手権で“リベンジ”を誓う

高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

sihasi

インタビュー=安田勇斗 写真=瀬藤尚美

 1年生の時は試合に絡めずチームはベスト8で敗退、2年の時は全国への挑戦権すら得られなかった。頂点を狙える屈指の強豪、市立船橋高等学校のキャプテンだけに選手権への想いは強く、リベンジすべき相手として、インターハイ決勝で敗れた東福岡高等学校、2年前に苦杯をなめた京都橘高等学校を挙げた。ベガルタ仙台に見初められたエネルギッシュなボランチ、椎橋慧也が高校生活最後の大会へ挑む。

波がなくて安定感があるのが一番良いところ

――千葉県予選を簡単に振り返っていかがでしたか?
椎橋 苦しい試合が多く、セットプレーなどで何とか勝ちきって、試合をするたびにチームがまとまってきたというか、空気感が良くなってきたかなと。決勝の流経(流通経済大学附属柏高等学校)戦も、その流れでいい状態で臨めました。

――苦しい試合の中で、自分たちのサッカーはできましたか?
椎橋 全体をとおしてできたと思います。安定したビルドアップから前につないで、そこから崩していく形ができましたし、流経戦でも激しいプレッシャーの中でしっかりつないで、変化をつけながら点を取れたので良かったかなと。

――去年の選手権は予選を突破できず、今回は2年ぶりの出場になります。
椎橋 去年出られなかった悔しさもそうですけど、自分たちが1年の時もベスト8で負けて悔しい想いをしているので、選手権には“借り”しかないですし、今大会で借りを返そうと強い気持ちを持っています。

――キャプテンとして、今年のチームをどう評価していますか?
椎橋 波がなくて安定感があるのが一番良いところだと思います。課題はありますけど、個々がしっかり戦ってチームとしていろいろな試合に勝ってきたことが、自分たちの自信になっています。

――課題とは?
椎橋 得点力が足りないかなと。ボールは持てても怖くないというか。点を取れるエリアにどんどん進入して、相手にとってもっと怖いプレーをして点を取りにいかないといけないと思っています。

――ボランチでプレーしていますが、自分のプレースタイルをどう考えていますか?
椎橋 足元がうまくないので、少ないタッチ数で前につないだり、相手の背後を突くフィードを狙ったり、守備では攻撃の芽を摘んだり、そういう部分が求められていますし、自分でもそれが役割だと思っています。

――その中で一番の武器は?
椎橋 ガツガツ行くところですね。球際とか戦う部分では負けられないです。

――好きな選手や、参考にしている選手はいますか?
椎橋 (ジネディーヌ)ジダンがずっと好きです。視野が広くてすごいパスを出しますし、見る人を魅了するプレーがすごいなと。自分はそういうプレーヤーじゃないんですけど(苦笑)。参考にしているのは(セルヒオ)ブスケツと(ハビエル)マスチェラーノです。彼らのボール奪取があってこその、バルセロナの攻撃だと思っていますし、あの2人がいないとバルサのサッカーは成り立たないと思っています。

――ではキャプテンとしては、どんなタイプですか?
椎橋 チームを先頭で引っ張っていく立場なので、普段の言動は気をつけていますし、それこそ掃除など人が面倒くさがることを率先してやろうと思っています。自分のそういう行動が、チームの良い循環につながると思いますし、自分から動くことでチームメートと良い関係を作れると思うので。

最後には全国制覇を達成したい

sihasai

――話は変わりますが、来シーズンからベガルタ仙台でプレーします。どういうきっかけで加入が決まったのでしょうか?
椎橋 6月に練習に参加させていただいて、その後何度かスカウトの方と話したりして、8月に決まりました。

――他のクラブからオファーなどはありましたか?
椎橋 オファーではないんですけど、仙台よりも前にJ1の一つとJ2の一つのクラブに練習参加させていただきました。でも自分にとっては仙台からのオファーが一番うれしかったですし、来た時は「えっ」ってなったし、マジでビビりました(笑)。

――進路について誰かに相談したりは?
椎橋 してないです。親には一応言ったんですけど、「自分の人生だから自分で決めろ」って。

――自分がプロになる、という想像はしていましたか?
椎橋 全然なかったです(苦笑)。だから驚きましたね。

――仙台にはどういうイメージを持っていますか?
椎橋 守備から入るチームで、がんばるイメージがあるので、市船と似てるかなと思いました。練習参加させてもらった時には、GKの六反(勇治)選手に話しかけていただいたり、全体的に和気あいあいとしていて、めっちゃ楽しかったです。

――話を戻しますが、選手権では1回戦で米子北と対戦します。
椎橋 プリンスリーグの試合映像を見たんですけど、守備が固くてカウンターがうまいなと。自分たちがボールを持てるイメージがありますけど、一発が怖いですね。

――今大会で対戦したいチームや選手はいますか?
椎橋 インターハイの決勝で負けた東福岡とはもう一度、対戦したいです。今年のチームは去年ほどタレントがいない分、みんなでがんばるチームで結構やりにくい相手ですけど、もう一度戦って勝ちたいです。それと2年前の選手権で負けた京都橘にもリベンジしたいですね。あとは大津。市船と同じ公立高校なのでどっちが上か戦ってみたいです。選手で言うと、四中工(四日市中央工業高等学校)の森島司選手と対戦できればと思っています。特に知り合いなどではないんですけど、対戦経験がないのでぜひやってみたいなと。

――最後に、今大会に向けて意気込みをお願いします。
椎橋 一つひとつ勝って、最後には全国制覇を達成したいです。選手権は高校サッカーに関わる人にとって夢の舞台ですし、そこで1試合でも多くプレーしたい気持ちがあります。まずは米子北に勝つためにいい準備をして大会に臨みたいと思います。