2015.05.23

東北の子ども達で編成された日本選抜がミュンヘンに到着…24日バイエルンユースカップ2015が開催

 5月24日にバイエルン・ミュンヘン・ユースカップ2015が開催される。

 2012年から始まり、今年で3回目の今大会はバイエルン・ミュンヘンとそのスポンサーが世界中のサッカー好きな子供達、特にサッカーを行うに十分な環境がない14から16歳の子供達を対象に、サッカーを通じた交流と、サッカーに対して「夢」を与える事を目的に開催されている。

 日本からは東日本大震災で大きな被害にあった宮城・福島・岩手3県内の14から16歳の子供達を対象に、今年3月宮城県塩竈市にてバイエルン・ミュンヘンのスポンサー、インリー・グリーンエナジーのジュリアン氏主催で開催。セレクションを勝ち抜いた10名が参加する。震災から4年経った今でも世界のトップチームからの支援は続き、いまもチャンスを提供し続けている。

 今大会は世界6カ国、タイ、中国、日本、ドイツ、アメリカ、オーストリアから選ばれた選手達が総当たりのリーグ戦で競い、上位2チームがファイナルへと進出。バイエルン・ミュンヘンのスカウトも同行し、選ばれた選手はバイエルン・ミュンヘンのトライアウトを受ける権利が与えられる。

 20日夜に現地に到着した日本チームは21日、22日と各国代表チームとの合同練習に参加。23日にアリアンツ・アレーナで行われるブンデスリーガ最終節、バイエルン・ミュンヘンvsマインツに招待され、翌日の24日に開催されるバイエルン・ミュンヘン・ユースカップ2015に出場する。

◆以下、日本チーム選手インタビュー
質問1:ここ2日間、海外の選手と初めて練習してみて、どういう事を感じましたか?
質問2:24日のユースカップに向けた思いや、意気込みを教えて下さい。

新田恭平(岩手県大船渡市/大船渡東高校)
「最初に見た時はフィジカルの差はやっぱりありそうだなと感じたのですが、実際にやってみると自分はそこまで差があるとは感じませんでした。一方で足元の技術は他の国の選手は細かいミスも多く感じましたし、日本はそういう部分は本当に通用するんだという事も感じました」

「こうやってセレクションで選ばれてドイツまで来れた事はとても嬉しいし、とても感謝しています。こんなチャンスは人生に何度も来ないと思っているので、ドイツに来れなかった人達の為にも優勝を目指したいと思います」

佐藤岬(宮城県仙台市/仙台商業高校)
「・中学生時代にイタリアで試合をした経験がありますが、今回はその時に比べてフィジカルの差が大きく出て来ているというのは感じました。その一方で相変わらず日本人のスピードや足元の上手さは通用するというのが、この2日間では良く分かりました」

「チームとしては他のチームには負けない足元の上手さ、パスワークの上手さを出していけたらと思っています。個人としてはスピードに自信があるので、そういった長所を生かしてゴールを決めたいと思っています」

戸羽達希(岩手県陸前高田市/大船渡高校)
「フィジカルの差はやっぱり感じました。それと積極性も違うというのはとても感じました。練習中から声をしっかり出したり、アピールをする姿勢が違っていました。そういった部分は自分も見習っていきたいと思っています」

「選ばれなかった選手の気持ちを背負って、日本代表として、東北代表として優勝を目指したいと思います」

菅原尚紀(宮城県仙台市/仙台商業高校)
「自分は去年も参加したのですが、去年よりも他の国のレベルは高くないと感じました。去年は練習からどのチームも真剣に激しく取り組んでいたのですが、今年は練習に打ち込む姿勢はあまり真剣には感じませんでした。自分達は真剣に練習に打ち込んでいましたし、技術的な部分は特に勝っていると思いました」

「自分の長所であるリーダーシップだったり視野の広さを発揮して、チームをまとめたいと思っています。去年参加した時に決勝でドイツに負けているので、絶対にドイツには勝ちたいし、その時のチームメイトの為にも今年こそ優勝したいと思います」

早坂架留(宮城県仙台市/利府高校)
「自分はキーパーなので当たりの強さだったりは分からなかったのですが、やはり身長や身体能力の差はかなり感じます。そういった部分を補えるように練習や経験の必要性を感じました」

「自分はGKで一番チームの全体が見えるので、チームを落ち着かせながらも、しっかり声を出してコーチングをしていきたいと思っています。3月のセレクションで一緒に受けたけど、落ちてしまった友達や周りの人達にもとても応援して貰っているので、そういった人達の為にも全力を出し切りたいと思います」

文:大澤 敬 写真:ジュリアン 板垣

【関連記事】
●欧州最高のチーム・バイエルン、東北の子ども達へ夢を届ける
●バイエルンが宮城でユース国別対抗戦に出場する日本代表のセレクションを開催