2014.08.27

「サッカーの楽しさが分かって、好きになった」…女子チームも参加した大阪地区予選/COPA COCA-COLA 2014

 8月25日にJ-GREEN堺で開催された「COPA COCA-COLA 2014」の大阪地区予選の午後の部には中学生であればサッカー経験の有無を問わない大会らしく、個性溢れるチームが数多く揃った。

 12チームが4グループに分かれて、10分ハーフ8人制で行った午後の部のトップバッターは同じ中学の2年生が集まったFC Fairies(大阪)。2年連続での出場となったが、運動部員が揃った昨年と違い、英語部や帰宅部に所属する選手が大半で、「運動をするのは体育の時間くらい」(梁川佳凛選手)というサッカー初心者が揃った。対戦相手の難波FC(大阪)も「サッカー経験者は2人。学校の昼休みみたいなチーム」(引率の橋本渉さん)ながらも、先制を許すと前半だけで4失点。「女子に本気でやるなんて、優しくない!」などの声で相手の動揺を誘い、2得点を奪ったものの2-6で敗れた。だが、試合後に梁川選手が「やってみてサッカーの楽しさが分かって、好きになった」と笑顔を見せたように大会を満喫した。

 2試合目はもう一つの女子チーム・丸岡・楽(福井)。こちらは小学生時代に女子の全国フットサル大会で全国3位に輝いた本格派。「普段、出来ない異性と試合をするチャンス。絶対、男の子に負けたくない」(山川里佳子選手)と大会に挑んだが、2敗で予選突破ならず。それでも、山川選手は「試合的には負けたけど、気合いでは勝てていたと思う」と手応えを話した。他にもシュートを外した悔しさから骨折した手で地面を叩く選手など、個性豊かな選手が予選リーグを彩り、大会アンバサダーの北澤豪さんも「サッカーはレベルに関係なく楽しめるスポーツ」と大会を楽しんでいた。

 賑やかな予選リーグから一転、リーグ首位同士による準決勝を勝ち抜いた八尾大正FC(大阪)とチーム和田(大阪)による決勝戦は白熱した攻防が繰り広げられた。開始2分で選手2人を入れ替えるなど何人でも交代OKという大会ルールを上手く使った八尾大正FCが開始から相手を圧倒。予選リーグ2試合で7得点を奪ったエース・村上昂平選手が前半のうちに2得点を奪い、試合を優位に進めた。後半に入ってからも勢いは衰えず、左クロスを村上選手が飛び込んで合わせ、ハットトリックを達成。一点を返されたものの、3-1でチーム和田を退け、初出場初優勝を達成した。

 八尾大正FCは9月13日(土)、14日(日)に静岡県・御殿場高原時之栖で行われる「COPA CAMP」に参加する。

COPA COCA-COLA

●【プロ選手たちの中学時代 第1回】中村憲剛 キャリア最大の挫折 “寄り道”をした3年間
●【プロ選手たちの中学時代 第2回】川澄奈穂美 誰よりも笑顔で、誰よりもサッカーを楽しむ
●【プロ選手たちの中学時代 第3回】豊田陽平 未来を切り拓いたハングリー精神
●ゴン中山も唸った横浜地区予選決勝、熱戦を制したのは都筑オールスターズ/COPA COCA-COLA 2014
●女子チームも参加した横浜地区予選…熱戦を制したピオーズ「まさか優勝できるとは思わなかった」/COPA COCA-COLA 2014

COPA COCA-COLA 2014 大会公式HPはこちら