2014.08.12

女子チームも参加した横浜地区予選…熱戦を制したピオーズ「まさか優勝できるとは思わなかった」/COPA COCA-COLA 2014


写真=鷹羽康博 文=いしかわごう

 8月11日、全国6カ所での予選が行われている「COPA COCA-COLA 2014」の横浜地区予選がマリノスタウンで開催された。

 地区予選は10分ハーフで8人対8人のハーフコートマッチで実施。午前と午後で1チームずつ優勝チームが決定し、優勝チームは別日程で開催されるCOPA CAMPへの参加することになっている。

「中学生ならば誰でも参加できる、世界でもっともオープンな大会」と銘打っているだけあって、チームの形もさまざま。女子生徒だけでエントリーしたチームもあれば、中学の思い出作りとして参加したチームもあるなど、各々が熱い思いを抱えて、夏の強い日差しの下で朝からサッカーボールを追いかけていた。

 大会アンバサダーの元日本代表・中山雅史さんが見守る中で行われた午前の部の地区決勝戦。勝ち上がって来たのは、ピオーズと三亀中。

 ピオーズはAグループリーグを10-0、13-0という圧倒的な得点力で通過。Bグループ首位のIFCとの対戦でも順当に勝利し、決勝戦に駒を進めた。一方のCグループ首位の三亀中は球際の激しさ、粘り強さを武器に勝ち進んで来たチーム。Dリーグの首位のYATAGARASUとの対戦ではどちらも譲らず、PK戦の末に競り勝るなど、その粘りには特筆すべきものがある。

 迎えた地区代表決勝戦。序盤から主導権を握ったのはピオーズ。味方がボールを保持すると、周囲が素早くパスコースを作りながら、ボールをつなぐと、最後は野口玲(あきら)選手が股抜きシュートを決めて、前半のうちに先制に成功。一方の三亀中は、激しいプレスと球際の強さで応戦。ボールを奪ってからはスペースを狙ったカウンターで反撃を試みるが、素早い切り替えを見せるピオーズの前になかなか決定機が掴めなかった。

 後半になっても、前半同様に分厚い攻撃を見せ続けるピオーズが2点を追加。このまま3-0で完勝したピオーズが、横浜地区予選の午前の部の優勝を決めた。

 大会MVPに輝いたのは、優勝したピオーズの野口玲(あきら)選手。15得点で大会得点王も同時に獲得しており、納得の受賞だ。「去年も出場して負けているので、まさか優勝できるとは思わなかったです。今回はメンバーがよかったし、楽しくやれました」と笑顔を見せた。

 ピオーズは9月に静岡で行われるCOPA CAMPに参戦する。なお、優勝決定戦は11月3日に日産スタジアムで開催される。

COPA COCA-COLA

●【プロ選手たちの中学時代 第1回】中村憲剛 キャリア最大の挫折 “寄り道”をした3年間
●【プロ選手たちの中学時代 第2回】川澄奈穂美 誰よりも笑顔で、誰よりもサッカーを楽しむ
●【プロ選手たちの中学時代 第3回】豊田陽平 未来を切り拓いたハングリー精神

COPA COCA-COLA 2014 大会公式HPはこちら

COPA COCA-COLA

●【プロ選手たちの中学時代 第1回】中村憲剛 キャリア最大の挫折 “寄り道”をした3年間
●【プロ選手たちの中学時代 第2回】川澄奈穂美 誰よりも笑顔で、誰よりもサッカーを楽しむ
●【プロ選手たちの中学時代 第3回】豊田陽平 未来を切り拓いたハングリー精神

COPA COCA-COLA 2014 大会公式HPはこちら