2014.06.10

【Sao Paulo】街から看板が消えた!?サンバチームに参加してブラジルを満喫!

ブラジル経済の中心地と言われているサンパウロ。街は車、車、車。以前日本でサーキットに行った時に「あ、ブラジルの匂いがする」と思ったのですが、頭が痛くなるほどの排気ガス臭が、サンパウロの記憶になっているほど(笑)。

中心街は特に渋滞に悩まされていて、渋滞対策として、ナンバーごとに走っていい曜日が決められているんです。奇数はこの曜日、偶数はこの曜日、この時間帯は使っちゃダメですよ~と。それでも本当に混むからねぇ…どこ行くのも大変です。

空港を使う時は特に注意が必要。中心部からグアルーリョス空港まで、すいていれば1時間もかからずタクシー料金も5000円程度なのですが、混んでいると倍以上かかります。親戚からは「ブラジルに来る時は土日か深夜に着く便で来てね」といつも言われます。

街は、観光するにはあまり面白みがないけど、都会で何でも揃っていて滞在するにはとても便利。

人口も多く栄えた街のはずなのに、どこか無機質で殺風景……。これは数年前に変わった法律の影響なんです。街から広告や看板を排除してキレイにするという新しい決まり。このおかげで、旅行者の私にはわかりにくすぎる街へと変貌してしまった……。お店の看板もほとんどなくて、「あ、よく見たらここカフェだったんだ」という感じ。

治安は、良いとは言えないので基本的に警戒が必要です。人通りの少ない細めの道や路地は危険なので、間違って迷い込まないよう気を付けてくださいね。

……と、まぁ、あまりブラジル感のないサンパウロなのですが(笑)
そんな中でもブラジル感を満喫するならば~~~~サンバ!!!!!

サンバを体感するのにおすすめなのがココ。

サンバチームの練習場。私が行ったのは、「Vai-Vai」という強豪チームの練習。毎週日曜日の夜にBela vistaという所にある、チームの建物で練習が行われていて、1000円くらいの入場料で見学、やりたければ参加もできます。

建物の中には歴代の衣装やトロフィーが展示されていて、練習はその建物の周りの道路を封鎖して行われます。かなり大規模な封鎖なのでちょっとビックリ。

お酒や食べ物を売る屋台もたくさん出ていて、みんな飲みながら練習してる。酔っぱらって大騒ぎしてて、ちょっと怖い……(笑)

本当に幅広い年齢層の方が参加していて、おじいちゃんおばあちゃんも物凄くパワフルに踊り続けていて驚きます。

サンバだけでなく、地元の人のエネルギーと生活までもが垣間見れた気がした刺激的な時間でした。本場のサンバを体感したい方は行ってみるとおもしろいかも?

加藤理恵(かとう・りえ) 1985年7月29日生まれ。東京都出身。2005年にミスマガジン読者 特別賞受賞。07年に日本テレビ系「サッカーアース」 でアシスタントを務めるなど、ドラマやCM、バラエティなど多方面で活躍。母親は日系ブラジル人でブラジルとの二重国籍を持ち、ポルトガル語を駆使する。 サッカー好きが高じて4級審判員の資格を取得し、Jリーグ取材の裏話をサッカーキングで連載している。2012年シーズン、スカパー!のJリーグハイライト番組「マッチデー Jリーグ」のMC。
加藤理恵オフィシャルツイッター @vi729
加藤理恵オフィシャルブログ http://ameblo.jp/kato-rie/