2013.03.03

当たり負けをしない身体を作ろう!ゴールデンエイジに取り組みたいトレーニング

当たり負けをしない身体を作ろう!ゴールデンエイジに取り組みたいトレーニング

130301_000
 ゴールデンエイジについてお話を聞かせてくれたトレーナーの立花龍司さん。前回は「速く走れる!? トレーニング」を教えてもらいました。今回はゴールデンエイジに効く! 体幹トレーニングを紹介していきましょう。

■体幹トレーニング

 当たり負けしない身体を作る。サッカー界でも最近頻繁に耳にする「体幹」という言葉。体幹トレーニングは身体のスタビリティ(安定性)を高めるには無くてはならないトレーニングです。勢い良く回る独楽を思い浮かべてみてください。独楽の鉄心がほんのわずかでも歪んでいたら、独楽は安定して回転してくれません。体幹は独楽の軸、鉄心のようなもの。しっかりとした軸を身体に持つことで、スポーツ選手によくある腰痛を予防することにもなるのです。

■体幹のスタビリティ(安定性)を高める ブリッジ
130301_002
ブリッジ1 うつ伏せの状態から両ひじと両方のつま先の4点だけで身体を支える。身体を真っすぐに保ったまま30秒からスタート。毎日数秒ずつ伸ばし、最終的には2分を目標にする。時計を顔の下などに置いて自己記録に挑戦しよう。
130301_taikan02
130301_001
ブリッジ 2 ブリッジ1で2分間キープすることはかなり大変だが、クリアできるようになったら右手を伸ばし、3点で支えて30秒、休憩をはさんでから今度は左手を伸ばし30 秒、次は同じように右足を伸ばし、最後は左足を伸ばして行う。
130301_003
ブリッジ3 さらにレベルアップし、右手と左足を伸ばして2 点で支える。床から離した腕と足はなるべく一直線に伸ばすこと。かなり難しいので目標時間はあえて設定せずに、毎日あるいは1週間で1秒のペースでいいので、少しずつ維持できる時間を長くしましょう。

<<運動ができる子になるために!ゴールデンエイジに取り組みたいトレーニング

<<足が速くなるために!ゴールデンエイジに取り組みたいトレーニング

立花龍司
立花龍司 (たちばな・りゅうじ)//
1964年7月3日、大阪府生まれ。1989年にコンディショニングコーチとして近鉄バファローズと契約。故障者が激減する実績を残し、翌年に入団した野茂英雄らから絶大な信頼を寄せられる。その後は日本球界のコンディショニングコーチのパイオニアとして、千葉ロッテマリーンズ、ニューヨーク・メッツ、東北楽天ゴールデンイーグルスでコンディショニングコーチやコンディショニングディレクターを歴任。

TACHIRYU CONDITIONIG GYM
TACHIRYU CONDITIONIG GYM
大相撲の元小結舞の海秀平と共同で監修する鍼灸整骨院併設のコンディショニングジム。ゴールデンエイジやプレ・ゴールデンエイジを対象にしたスクールも開催している。

取材・文/大塚一樹 写真/平野敬久 協力/東邦出版
サカイク

「自分で考えるサッカーを子どもたちに。」をスローガンに、サカイクは日本初の「サッカーを通した教育」をテーマにした少年サッカー(ジュニアサッカー)保護者や指導者へ向けた情報サイトです。少年サッカーの最新情報から、保護者や指導者の悩みを解決する9ジャンルの専門コラム、親子でできる動画付練習メニューなど多彩な情報を毎日無料で配信。
HP:http://www.sakaiku.jp/
Twitter:@sakaiku_jp
facebook:https://www.facebook.com/sakaiku