2016.02.04

サンフレッチェ広島が販路開拓マネージャーを公募…ビズリーチと協業

サッカー総合情報サイト

 株式会社ビズリーチが運営する管理職・グローバル人材に特化した会員制転職サイト「ビズリーチ」は4日より、広島県プロフェッショナル人材戦略拠点と協業し、広島県における首都圏人材の採用を年間でサポートすることになったと発表。その第1弾として、サンフレッチェ広島で攻めの経営を推進する販路開拓マネージャーを、ビズリーチの特設ページ(https://www.bizreach.jp/content/executive/sanfrecce/)にて募集すると併せて発表した。

 ビズリーチは今後、サイト内における広島企業の特集やビズリーチ会員向けのマッチングセミナー開催などを予定。同協業をモデルケースとして、地方自治体向けに採用コンサルティングなどを行う地方創生「自治体プラン」の展開を開始するとしている。

【サンフレッチェ広島 販路開拓マネージャー公募の目的】
 サンフレッチェ広島は2014年度のクラブ決算発表では3期連続黒字化となっているが、売上高は18クラブ中で中位となっている。今回の公募は、広島県プロフェッショナル人材戦略拠点、プロフェッショナル人材戦略マネージャーの黒沢幸治氏が、攻めの経営を実現させるため「首都圏やグローバルに向けて販路開拓できるプロ人材が必要ではないか」と提案し、実現。ビズリーチでは自社で優秀な人材を獲得する採用手法「ダイレクト リクルーティング」を通じて、これまでも九州のベンチャー企業や北陸3県企業の公募など、地域におけるプロフェッショナル人材の採用支援を行ってきた。首都圏在住のビズリーチ会員の地方転職は前年同期比1.5倍に増加しており、今後の人材還流の高まりが期待される。

 株式会社サンフレッチェ広島の町野崇夫取締役は、「当社は1992年に創設された、Jリーグに所属するプロサッカークラブです。株主様63社、スポンサー様170社からご支援をいただきながら「サッカー事業を通じて夢と感動を共有し、地域に貢献します」を理念に、地域に密着し、地域の活性化に貢献するクラブ、日本一の育成クラブを目指して活動しております。2012、2013、2015年と3度のJリーグチャンピオン(日本一)です。ぜひ、サンフレッチェ広島を牽引してくれる方のご応募をお待ちしています」とコメントをしている。

 応募の要綱などは「ビズリーチ」特設サイト(https://www.bizreach.jp/content/executive/sanfrecce/)まで。