2015.10.30

ミラニスタ垂涎のあの企画再び! “赤く熱い”思いを投稿してミラノ・ダービーを観戦しよう

サッカー総合情報サイト

あの『ミラニスタ11』が今年も開催!

 セリエAを18回、チャンピオンズリーグを7回制し、欧州屈指のクラブとして知られるミラン。そのミランのプレミアムスポンサーであるTOYO TIRESが、昨年話題となった企画を今年度も実施することとなりました。そう、『ミラニスタ11』です。

 同企画は日本にも数多くいる“ミラニスタ”(ミランサポーター)に、そのミランへの愛情を示してもらい、幸運にも選ばれた11名が『ミラニスタ11』としてイタリアへ向かい、現地での試合をレポートするほか、盛り上がる街の様子などをSNS(Facebook、Twitter)やブログなどで、熱く伝えていくというもの。

 昨年度はミラノの街が熱気に包まれて赤と青に二分される“ミラノ・ダービー”に合わせて『ミラニスタ11』が現地へと向かいましたが、今年度も“ミラノ・ダービー”(2016年1月31日)にて実施が決定!(詳細はコチラ→http://toyotires-milan.com/milanista11/

 今回のキャンペーンは、“ミランREDで埋め尽くせ!”を合言葉に、SNSで“RED”な画像や動画を投稿してもらい、ライバルのインテルのカラーである青色に染まっているキャンペーンページを赤色に塗り替えよう!というもの。その中から、ミランに所属する日本代表FW本田圭佑のモノマネでお馴染みのじゅんいちダビッドソンさんをはじめとした審査員に選出された11名が、晴れて『ミラニスタ11』として指名されます。

 現地では試合はもちろんのこと、様々な形でイタリアの空気を感じてもらい、その模様をレポートしてもらうことになりますが、今回は昨年度の模様を少しご紹介。その熱を感じてもらい、ぜひこのチャンスを掴みましょう!

去年はいろいろなサプライズが!

 2014-15シーズンは11月にミランホームの“ミラノ・ダービー”が開催。そこに向けて集まった11人の精鋭は、羽田空港からユニフォームを見にまとい、気持ちを高めつつ「出発式」を実施。そして一路イタリアへと向かいました。

 現地到着後の初日は各々がミラノの街をリポートし、イタリア人チームとサッカーで交流を図ったり、練習場のミラネッロへ赴くなど思い思いのミラノを満喫。ミラネッロではアドリアーノ・ガッリアーニCEOの出待ちに成功するなど、早速のサプライズもありました。試合当日は“ミラノ・ダービー”を一日中体感。メガストアでのショッピングに始まり、試合直前の中、サン・シーロのスタジアムツアーも実施。さらにはピッチのベンチにまで座ることができてしまいました。

 昨年の試合は本田圭佑と長友佑都の日本人対決が実現し、見応えも十分。試合後には取材陣とともにミックスゾーンで選手と交流する(本田とのツーショット写真やサインをGETできたレポーターも!)など、ミランの魅力を十二分に味わい、帰路につきました。

 いよいよ最終日となった試合翌日。まだまだサプライズは続きました。クラブオフィスのカーザ・ミランではレジェンド、フランコ・バレージ氏に迎えられ、普段は中に入れない練習場のミラネッロも訪問。ミーティングをしていたホテルではサプライズで主将のリッカルド・モントリーヴォが登場して約1時間も交流を図ることができました。

 そんな“ビッグ・サプライズ”が起きるかもしれない『ミラニスタ11』は現在も絶賛募集中。『ミラニスタ11』公式サイト(http://toyotires-milan.com/milanista11/)からレポーターを登録をして、ミランへの熱い思いを「赤い」画像・動画にのせて投稿すると応募完了となります。

 二度と感じられない経験ができるかもしれない『ミラニスタ11』に応募して、イタリア行きのチャンスを掴もう!!