2016.11.01

慶應大、前半の3ゴールで早稲田大に勝利 伝統の“早慶戦”を制する

主将宮地(左)は早慶戦で初ゴール [写真]=小林将平(慶應スポーツ)
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

JR東日本カップ2016第90回関東大学サッカーリーグ戦第20節 慶應義塾大学3-1早稲田大学

文=吉田遼平(慶應スポーツ)

 今季5度目の早慶戦。慶應義塾大学は前期のリーグ戦で勝利して以来、アミノバイタル杯、早慶定期戦、天皇杯予選と早稲田大学に対して3連敗中であった。今節は残留、全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)出場に向けて、そして4年生にとって最後の早慶戦という意味でも重要な一戦となった。試合は序盤から慶應大がペースを握る。9分に手塚朋克のクロスから渡辺夏彦がファーストシュートを決め先制。24分にもCKから宮地元貴主将が頭でたたき込み2点目。33分には松木駿之介が左からのクロスを得意のヘッドでネットを揺らし一気に3点差とする。37分に1点を返されてしまうものの、後半は早稲田大のロングボールを宮地を中心にはじき返しチャンスを作らせない。数的優位もあって前半の3点を守り切った慶應大がこの大きな一戦に勝利した。

 前節、劇的な形で勝ち点1を獲得した慶應大。累積警告で出場停止だった宮地主将が復帰し、センターバックに入った。天皇杯予選で早稲田大から得点を奪った松木もスタメン出場となった。

 序盤からロングボールを中心に攻める早稲田大に対して、慶應大は中盤で細かくボールをつなぎながら攻め上がる。お互いシュートチャンスを作れずにいたが9分、中盤でのパス交換から右サイドに展開。ボールを受けた手塚がグラウンダーのクロスを上げ、ゴール前で待つ渡辺が冷静に決め先制に成功する。この日のファーストシュートが貴重な先制点となった。その後も早稲田大のロングボールをしっかりとはじき返し慶應大がペースを握る。24分に左サイドに流れた山本哲平がドリブル突破を試みCKを獲得。佐藤海徳が蹴ったボールに宮地が頭で合わせ追加点を挙げた。「いつも以上に気合いが入っていた」と慶應大の主将が気迫あふれるゴールを見せてくれた。その後31分に右サイドを突破されペナルティエリア内でシュートを打たれるが、ここはGK田野稔明が好セーブを見せ得点を許さない。33分には左サイドから攻撃を組み立てると片岡立綺が正確なクロス。中央でフリーになった松木が得意のヘディングでネットを揺らし3点差とライバル早稲田大を突き放す。ゴール直後もカウンターから最後は松木がミドルシュートを狙うなど勢いに乗った慶應大が試合を支配する。しかし37分、ロングボールに競り負け、裏に抜けられるとGKとの一対一の場面を決められ3-1。その後は勢いづいた早稲田大に合わせた蹴り合いのサッカーになる場面もあったが、2点差で前半を折り返す。

 後半開始と同時に慶應大はすでにイエローカードを一枚受けていた佐藤に代えて、前節キレのあるドリブルでPKを獲得した小谷春日を投入。後半も早稲田大がロングボールを多用し、慶應大は中盤でのパス回しで攻撃を組み立てる。55分にそのパス回しを奪われ、最後はクロスからヘディングでネットを揺らされるがこれはオフサイドの判定。肝を冷やした慶應大だったがすぐさま反撃に出る。60分にCKから宮地が頭で合わせ、この日2点目かと思われたが惜しくもクロスバーに阻まれた。その後68分にロングボールを頭でそらされ、ディフェンスラインの裏へ早稲田大・山内寛史に巧みなトラップで抜け出されるが、ここはGK田野が飛び出しセーブ。この際山内の足が田野の頭に当たり、早稲田大のエース山内はこの日2度目の警告を受け退場となった。数的優位となった慶應大はさらに攻撃のギアを上げ、70分には渡辺、松木とパスをつなぎながら素早い攻撃を見せ、最後は山本がシュートを放つ。72分、渡辺に代えてリーグ前期の早稲田大戦で2得点の田中健太を投入。78分に山本のパスからその田中がディフェンスラインの裏に抜け出しGKとの一対一の局面を作る。ドリブルでGKをかわす選択をした田中が倒されPKかと思われたが、シミュレーションの判定で田中にイエローカードが出された。その後は一貫してロングボールを放る早稲田大の攻撃を宮地を中心に慶應大がシャットアウト。後半アディショナルタイムには、上田聖人が「高校からの夢だった」早慶戦のピッチへ。相手の負傷退場もありさらなる数的有利となった慶應大が、前半に奪った3点を守り切り大きな勝利を挙げた。

 3連敗中だった永遠のライバル早稲田大への勝利。1部残留を手中に収め、インカレ出場へ向けて大きな勝ち点3となった。試合後の選手たちの喜ぶ姿がこの試合の重要さを表していた。今季の大一番に勝利した慶應大。次節は現在2位の筑波大学との一戦に臨む。勢いそのままにリーグ戦残り2節連勝で目標とするインカレ出場を達成してほしい。

選手のコメントは慶應スポーツのホームページ(http://keispo.org/wordpress/?p=40009)で閲覧できます。またTwitter(@keispo2016)にて毎節試合速報をしておりますので、そちらもご利用ください!

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る