2015.10.11

専修大FW深澤知也、順天堂大戦で2得点「今後は自分の活躍でチームを勝利に導きたい」/関東大学リーグ1部第17節

文=深井圭祐 写真=平柳麻衣

「自分たちは連覇を目指している」試合後そう語った専修大学FW深澤知也は、10月10日に行われたJR東日本カップ2015第89回関東大学リーグ1部第17節の順天堂大学戦で2得点を挙げ、4-1の勝利に貢献した。

 深澤が「入りが悪かった」と語ったように、専修大の試合の入り方は理想的ではなかった。しかし、31分に右サイドからMF飯田貴敬が上げたクロスをファーサイドで深澤が押しこみ、貴重な先制点を挙げる。この得点について、「クロスを上げた飯田君からは練習でも速くて良いボールが来るので、信じて待っていたら良いボールが来たので当てるだけだった」と語った。まるで練習を見ているかのような完璧なクロスに絶妙なタイミングで合わせた見事なゴールだった。

 立ちあがりの悪い流れを先制ゴールで変えた深澤はさらに70分、「1点目の時に、GKがあまり出てこなかったので、その部分を狙っていた」との言葉どおり、またもや右サイドからMF北出雄星のクロスを押しこみ、ダメ押しとなるチーム4点目を奪った。狙いどおりのポジショニングからの、計算された得点だった。

 専修大は前期、3勝4敗4分、後期はここまで3勝2敗1分。今節の勝利で6位に浮上した。「自分たちはまず、インカレ(第64回全日本大学サッカー選手権大会)の出場権獲得圏内である5位以内に入らないといけない。これから負けられない戦いが続くので、目の前の試合を全力で戦い、今後は自分の活躍でチームを勝利に導きたい」と語った深澤は、この結果に満足していない。3試合ぶりに出場し、2得点を奪ったが、源平貴久監督が「久しぶりの試合だったというのもあったが、もう少し積極的にやってほしかった。もっとできるはず」と話したように、深澤への期待は大きい。

 今後、深澤がさらなる活躍を見せることができるかどうかが、専修大の上位浮上への大きなポイントの1つになるだろう。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る