2015.12.29

[PR]川崎DF谷口彰悟を加速させる『evoSPEED』、「履いていないと錯覚するぐらい軽く、素足に近い感覚でサッカーができる」

インタビュー=安田勇斗 写真=岩本良介、Getty Images

 大津高校2年生の時から愛用する『プーマ』のスパイクとは「離れられなくなりました」と笑顔で語る。軽さとフィット感を重視する谷口彰悟(川崎フロンターレ)をとりこにした『evoSPEED』とはどんなスパイクなのか。

一度履いてから離れられなくなりました(笑)

——高校2年の時から『プーマ』のスパイクを履いているとお聞きしました。継続して履き続けている理由は?

谷口 他のスパイクも試したんですけど、やっぱり『プーマ』が自分に一番合うスパイクなんですよね。一度履いてから離れられなくなりました(笑)。

——履き始めたきっかけは?

谷口 大津高校のユニフォームが『プーマ』で、チームメートも結構『プーマ』のスパイクを履いていたんです。その流れで履き始めて、確か選手権でも『プーマ』の『vシリーズ』を履いてプレーしました。

履いていないと錯覚するぐらい軽い

Generated by  IJG JPEG Library

——現在は『vシリーズ』の後継モデルである、『evoSPEED』を着用しています。このモデルのどんなところが気に入っていますか?

谷口 一番は軽さですね。履いていないと錯覚するぐらい軽いんです。それに加えて、自分の足にフィットしますし、生地が薄くて素足に近い感覚でサッカーができるのもいいですね。

——スパイクで重視している部分は?

谷口 軽さとフィット感を重視しています。なので、その2つがどんどんどんどん進化しているのはありがたいですね。フィット感に関しては、軽量化が進んでいる中でも、生地はしっかりしているので横ズレしないんです。プレー中に踏ん張ることがよくあるんですが、そこでほとんどズレないので本当に助かってます。

——ニューカラーのデザインはいかがですか?

谷口 さすがです(笑)。差し色でフロンターレカラーの水色が入ってますし、僕にピッタリですね。派手なカラーで良くも悪くも目立つ分、プレッシャーがかかりますけど(苦笑)、モチベーションが上がるカッコいいデザインだと思います。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る