2017.12.29

【高校選手権展望】<青森山田>連覇に必要なのは10番・郷家の「ここ一番」での結果

郷家友太
青森山田の10番・郷家友太 [写真]=安藤隆人
世界各国を放浪するサッカージャーナリスト。巷ではユース教授と呼ばれる。

 昨年度は『青森山田の1年』と言って良いほど、大きな成果を残したシーズンだった。インターハイでのベスト4から始まり、高円宮杯プレミアリーグイースト制覇、そしてサンフレッチェ広島ユースを退けてチャンピオンシップを制し、最後は選手権を勝ち取った。

 先輩の偉大な成績を受けてスタートした今年の青森山田は、常にプレッシャーとの戦いだった。「先輩たちからも『来年は厳しい』という声が出ていて、物凄く悔しかった。でも、絶対にそんな言葉には負けないと思った」。二冠メンバーであり、卒業後はヴィッセル神戸入団が内定しているMF郷家友太は、新チーム立ち上げ時にこう語っていた。

 昨年越えを狙うには、インターハイ制覇を加えた『三冠』しかない。しかし、MF高橋壱晟(現ジェフユナイテッド千葉)、GK廣末陸(現FC東京)ら昨年度のメンバーがごっそりと抜けて、決勝経験者は郷家とCB小山内慎一郎のみ。それだけにこのタスクが相当厳しいものであることは、郷家自身も分かっていた。だが、「ここで出来ないと言ったら、その時点で成長できなくなる。自分が選手権での高橋壱晟さんのようにゴールを沢山とれば、必然的にチームは勝利できる」と、自身の成長を決意として誓っていた。

 そして、この決意が如実に現れた言葉がある。それは昨年度の選手権決勝の後に、大会で猛威を振るった彼のロングスローについて話が及んだときだ。

「いや、僕はロングスローがこの大会でイメージづいてしまったことがちょっと悔しいです。僕=ロングスローになってしまった。もちろん、それでチームが勝利できたことは嬉しいし、勝利に貢献するために投げることは僕も理解しているし、納得している。でも、やっぱり壱晟さんのようにロングスローを中で合わせる側に回りたいんです。僕もゴールを決めて、それでチームの勝利に貢献したいんです」

 この決意は春から有言実行された。2シャドーの一角として、高橋から引き継いだ10番を背負った郷家は、昨年以上の運動量と攻守に関わる回数が格段に増えた。献身的な守備をしながらも、積極的に前に飛び出して行って、時には強引に個でこじ開けて、ゴールを奪うシーンも増えていった。

 しかし、プレミアリーグイーストでもゴールを量産し、変化した姿勢を結果で示したが、インターハイでは3回戦で前橋育英に1-2の敗戦。この試合で郷家はノーゴールだった。一冠目を逃したチームは、プレミアリーグイーストでも最終戦まで優勝の可能性を残す戦いを見せたが、最終戦のFC東京U-18戦では郷家がノーゴールに終わり、チームも2-3と敗れ、目の前で優勝を決められてしまった。

 FC東京U-18戦後、正木昌宣コーチから「お前がもっとしっかりしないといけない」と、郷家は檄を入れられた。

 逃した二冠。インターハイでは初戦の東福岡戦でゴールを決め、プレミアイーストでは9ゴールで得点王に輝くなど、きちんと結果は示している。しかし、『冠』に続く試合で結果を残せなかった。それはつまり青森山田の10番の責務を果たしていないということだった。

「ここ一番という試合で結果を残してこそ信頼される。インターハイでもそうだし、まだまだ10番として足りないと思う。二冠は逃してしまったけど、最後の選手権で意地を見せたい」

 最後の選手権ではチームを勝利に導くゴールを挙げて、悲願の連覇へチームを導くべく。郷家はすべての想いを選手権にぶつける。

取材・文=安藤隆人

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る