2016.12.25

<選手権フォーカス>【市立船橋】夏冬制覇狙う優勝候補筆頭、競争がもたらす化学変化に注目

激戦の千葉県予選を制して全国切符を手にした市立船橋 [写真]=安藤隆人
世界各国を放浪するサッカージャーナリスト。巷ではユース教授と呼ばれる。

 市立船橋高校が今年度の高校選手権で優勝候補の筆頭であることはまぎれも無い事実だ。今年は2年連続で進んだインターハイの決勝で、昨年掴めなかった優勝を手にした。ユース年代最高峰リーグである高円宮杯プレミアリーグEASTでも3位に入るなど、世代トップクラスの実力を持つ。

夏にはインターハイを制した市立船橋 [写真]=安藤隆人

夏にはインターハイを制した市立船橋 [写真]=安藤隆人

 まず目を引くのが、タレント揃いの豪華陣容だ。守備陣から見て行くと、GKは183センチの3年生・井岡海都と189センチの2年生・長谷川凌の2人が、激しいレギュラー争いを繰り広げている。本大会前まではハイボール処理の上手い長谷川が一歩リードしているが、インターハイ優勝GKである井岡も3年生の意地を見せるだろう。

 DFラインは不動のメンバーが並ぶ。アルビレックス新潟入団内定で、U-19日本代表でも存在感を放った原輝綺と、湘南ベルマーレ入団内定の杉岡大暉のCBコンビが中央を固め、右サイドバックは高いアップダウン能力と突破力を誇る真瀬拓海、左サイドバックは驚異的な左足のキックを誇る2年生・杉山弾斗が構える。この4バックと、1年時から攻撃の中枢を担い、ガンバ大阪に入団が内定している高宇洋、危機察知能力とカバーリングに秀でた金子大毅のダブルボランチが有機的な連携を見せ、流動的な守備と攻撃を実現させている。

原輝綺

新潟加入が内定している原輝綺 [写真]=安藤隆人

 名門を率いる朝岡隆蔵監督が「選手権に向けてはもっと点を取りきれるようにならないといけない。今年のチームは0-0や1-0などの接戦が多いが、これは守って耐えてのものではなく、攻撃的に戦っている中での結果なので、方向性は間違っていない。あとは決めきれるようにしたい」と語ったように、選手権で結果を残すためのポイントは決定力の向上にある。

 前線でポイントとなる1トップは2年生FW福元友哉、186センチの長身FW村上弘有らが、1.5列目も太田貴也、西羽拓、阿久津諒、野本幸太、期待の1年生・郡司篤也らが激しいポジション争いを繰り広げている。この競争の激化こそが朝岡監督の目論見であり、刺激し合うことで『最後の一押し』となる攻撃の活性化が生まれ、それが決定力の向上に直結していく。

市立船橋、全国制覇なるか [写真]=安藤隆人

市立船橋、全国制覇なるか [写真]=安藤隆人

 選手権初戦の相手は高校ナンバーワンストライカーの岩崎悠人を擁する京都橘。ここを突破しても、強豪・前橋育英とプリンスリーグ四国王者の明徳義塾の勝者が相手となる厳しいブロックに入った。だからこそ全国の頂点に立つため、着実にその牙を研ぎ澄ましている夏の王者・市立船橋。

 全国トップレベルのチーム内競争がもたらす化学変化は、選手権の舞台でどういう形で表現をされるのだろうか。

取材・文=安藤隆人

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る