FOLLOW US

オリンピアコスが敵地でヴィラに先勝!…フィオレンティーナは2季連続の決勝へ王手/ECL準決勝1stレグ

2024.05.03

ECL準決勝で先勝した(左)オリンピアコスと(右)フィオレンティーナ [写真]=Getty Images

 ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)準決勝ファーストレグが現地時間2日に行われた。

 欧州コンペティションにおけるプレミアリーグ勢唯一の勝ち残りとなったアストン・ヴィラ(イングランド)は、本拠地『ヴィラ・パーク』にオリンピアコス(ギリシャ)を迎えた。16分、アユーブ・エル・カービにDFラインの背後を突かれ先制点を献上すると、29分にもカウンターからエル・カービにネットを揺らされる。それでも、45+1分にオリー・ワトキンスが追撃の1点を奪い、1-2で前半を終えた。

 その後、52分にムサ・ディアビのゴールで追い付いたホームチームだったが、56分にエル・カービにハットトリックとなるPKを沈められ、再び勝ち越しを許す。67分にサンティアゴ・ヘッツェに4点目を決められると、ドウグラス・ルイスのPK失敗もあり点差を詰めることができず。試合はこのまま2-4で終了し、オリンピアコスが敵地で先勝に成功した。

 昨シーズンのファイナリストであるフィオレンティーナ(イタリア)は本拠地『アルテミオ・フランキ』でMF本間至恩が所属するクラブ・ブルッヘ(ベルギー)と対戦。開始早々の5分にリッカルド・ソッティルのゴールで先制したホームチームは、17分にハンス・ヴァナケンのPKで追い付かれるも、37分にアンドレア・ベロッティがネットを揺らし勝ち越しに成功。前半を1点リードで折り返した。

 後半に入り61分、クラブ・ブルッヘのラファエル・オニェディカ・ンワディケにこの日2枚目のイエローカードが提示され退場に。しかし、数的不利となったアウェイチームは63分にイゴーリ・チアゴが値千金の同点ゴールをマーク。そのままタイスコアで迎えた90+1分、フィオレンティーナは途中出場のムバラ・エンゾラがネットを揺らし、土壇場で勝ち越しに成功した。試合は3-2で終了し、フィオレンティーナが2シーズン連続の決勝進出へ王手をかけた。なお、本間はベンチ外となっている。

 ECL準決勝ファーストレグの試合結果は以下の通り。なお、セカンドレグは現地時間8日と9日に、ホームとアウェイを入れ替えて行われる。

◼︎ECL準決勝1stレグ
フィオレンティーナ 3-2 クラブ・ブルッヘ
アストン・ヴィラ 2-4 オリンピアコス 

本間至恩の関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKING本間至恩のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO