FOLLOW US

“日本人対決”は撃ち合いに…伊東純也が2得点を演出も負傷交代、森岡亮太はフル出場

伊東純也が2得点を演出 [写真]=Getty Images

 ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー1部)プレーオフ2の第4節が10日に行われ、ヘンクとシャルルロワが対戦。撃ち合いの末に、ヘンクが白星を手にした。ヘンクの伊東純也は先発出場して75分までプレー。シャルルロワの森岡亮太はフル出場を果たしている。

 試合は34分にマルコ・イライマハリトラが強烈なミドルシュートを突き刺し、シャルルロワが先制する。後半に入るとヘンクの伊東が躍動。54分に右サイドを得意のドリブルで切り裂くと、マイナス方向へのクロスを選択。このクロスボールからポール・オヌアチュがヘディングシュートを沈め、同点ゴールを記録した。直後の58分には伊東のクロスがオウンゴールを誘発し、ヘンクが逆転に成功している。ヘンクはその後1点を追加し、点差を広げた。

 73分には伊東が守備時の判断を誤ったところから1点を返されると、直後にアクシデントが。伊東が股関節を抑えて倒れ込んでしまう。プレー続行は不可能になり、そのままベンチに下がった。

 試合はこのままタイムアップを迎え、ヘンクが3-2で勝利を飾っている。森岡は90分に攻守に躍動したものの、チームは悔しい敗北を喫した。

 次節、ヘンクは15日にヘントと、シャルルロワは14日にメヘレンと、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
ヘンク 3-2 シャルルロワ

【得点者】
0-1 34分 マルコ・イライマハリトラ(シャルルロワ)
1-1 55分 ポール・オヌアチュ(ヘンク)
2-1 59分 ケン・エンクバ(OG/ヘンク)
3-1 65分 カルロス・クエスタ(ヘンク)
3-2 72分 ダン・ヘイマンス(シャルルロワ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO