FOLLOW US

ヴィニシウスは19歳でクラシコ初得点…では、今季の欧州5大リーグ最年少得点者は誰?

各国リーグの最年少得点者たち [写真]=Getty Images

 1日に行われた“エル・クラシコ”では、19歳のヴィニシウス・ジュニオールが主役の座を奪った。レアル・マドリードに所属するブラジル代表FWは、バルセロナを相手に先制点をマーク。19歳233日での得点は、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2007年3月のクラシコで打ち立てた記録(19歳259日で得点)を塗り替えるもので、同選手は21世紀のクラシコ最年少得点者となった。

 では、今季の欧州5大リーグにおける最年少得点者は誰なのか。トップ10をランキング形式で紹介する。なお、複数得点を挙げている選手については、最初のゴールを決めた試合での年齢を採用している。

 ちなみに、マジョルカに所属するMF久保建英は11位にランクイン。昨年11月10日のリーガ・エスパニョーラ第13節ビジャレアル戦(3-1)で初ゴールを決めたとき、18歳159日だった。今回はトップ10入りを逃したが、マジョルカのクラブ史上2番目に若い得点記録となっている。

※以下、情報はすべて3月4日時点のもの
※カッコ内は(得点時の所属クラブ/国籍/ポジション)

10位 エル・ビラル・トゥーレ 18歳121日

[写真]=Getty Images


(スタッド・ランス/マリ/FW)

 今年1月に母国マリのクラブからスタッド・ランスに加入したU-23マリ代表のストライカー。2月1日のリーグ・アン第22節アンジェ戦で初出場を果たすと、PKで得点を奪った。1月11日に行われたBチームでのデビュー戦でもゴールを決めている。

9位 メイソン・グリーンウッド 18歳54日

[写真]=Getty Images


(マンチェスター・U/イングランド/FW)

 今季のプレミアリーグ最年少得点者がグリーンウッドだ。昨年11月に行われたシェフィールド・U戦で、プレミア初ゴールをマーク。18歳54日での得点は、フェデリコ・マケダ(17歳226日/現パナシナイコス)、ダニー・ウェルベック(17歳355日/現ワトフォード)に次いで、クラブ史上3番目に若い記録になる。

8位 ジャック・ラーネ 18歳37日

[写真]=Getty Images


(アミアン/スウェーデン/FW)

 ザンビア生まれ、スウェーデン育ちのアタッカーで、スウェーデンのブロマポイカルナで15歳にしてトップチームデビューを果たした神童だ。昨年7月にアミアンと契約を結ぶと、同11月のモンペリエ戦でリーグ戦初出場。その試合でゴールまで奪ってみせた。ただ出場は1試合にとどまり、今冬には母国のエーレブルーへのレンタル移籍が決まった。

7位 エディ・サルセド 18歳33日

[写真]=Getty Images


(ヴェローナ/イタリア/FW)

 コロンビア人の両親の下、イタリアで生まれたサルセド。昨年夏にインテルからヴェローナにレンタルで加入すると、昨年11月に行われたブレシア戦でセリエA初ゴールをマーク。18歳33日での得点は、リーグ戦の得点記録として、モイーズ・キーン(17歳215日/現エヴァートン)に次ぐクラブ史上2番目の若さだった。

6位 イケル・ロサダ 18歳16日

(セルタ/スペイン/FW)

 今季の開幕戦でレアル・マドリードを相手にゴールを決めたのがロサダだ。セルタ下部組織出身のアタッカーは、18歳の誕生日から16日後に記念すべき初ゴールを記録した。サッカーのデータ専門家として知られる「ミスター・チップ」ことアレクシス・マルティン・タマヨ氏によると、過去70年のリーガ・エスパニョーラで、ロサダよりも若くしてレアルからゴールを奪ったのは2人だけだという。アスレティック・ビルバオで活躍した元スペイン代表FWホセバ・エチェベリア氏(18歳4日)と、レアル・ソシエダに所属するFWアンデル・バレネチェア(17歳136日)だ。

5位 タンギ・クアッシ 17歳253日

(パリ・サンジェルマン/フランス/DF)

 クラッシは、昨年のU-17ワールドカップで3位フィニッシュに貢献したフランス人センターバック。昨年12月にトップチームデビューを果たすと、2月15日のアミアン戦でリーグ・アン初得点を含む2ゴールをマークした。

4位 セバスティアーノ・エスポージト 17歳172日

[写真]=Getty Images


(インテル/イタリア/FW)

 インテル生え抜きのストライカーは、昨年12月のジェノア戦でセリエA初ゴールをマーク。17歳172日での得点は、元イタリア代表MFマリオ・コルソ氏(17歳97日)に次いで、クラブ史上2番目に若い記録となった。2019年3月には、欧州大会におけるクラブ史上最年少出場記録を樹立している。

3位 アマド・トラオレ 17歳108日

[写真]=Getty Images


(アタランタ/コートジボワール/FW)

 今季のセリエA最年少スコアラーが、コートジボワール出身のトラオレだ。トップチームデビュー戦となった昨年10月のウディネーゼ戦で得点をマーク。当時17歳108日だった。20歳の兄ハメド・ジュニオール・トラオレはサッスオーロの主軸選手として活躍しており、兄弟の今後が楽しみだ。

2位 エドゥアルド・カマヴィンガ 17歳35日

[写真]=Getty Images


(レンヌ/フランス/MF)

 2018年12月にクラブ史上最年少でプロ契約を締結すると、昨年4月に、2002年以降に生まれた選手として初めて欧州5大リーグのピッチに立った。同12月のリヨン戦では、トップチームでの初ゴールをマーク。フランスの“新たな宝石”と称される同選手には、レアル・マドリードやドルトムントが関心を抱いているとされる。

1位 アンス・ファティ 16歳304日

[写真]=Getty Images


(バルセロナ/スペイン/FW)

 今季の欧州5大リーグ最年少得点者はファティだった。昨年8月のベティス戦で、バルセロナ史上2番目の若さとなる16歳298日でトップチームデビュー。翌節のオサスナ戦では、16歳304日というクラブ史上最年少得点記録を樹立した。さらにCLの最年少得点記録も更新し、昨年12月のインテル戦では、17歳40日でゴールを決めてみせた。

(記事/Footmedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO