2018.08.02

アーセナル、PK戦の末に激闘を制す! AT弾でチェルシーに追いつく

ICC
ICCアーセナル対チェルシー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 8月1日、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2018で、アーセナルチェルシーが対戦した。

 プレシーズンマッチで“ビッグ・ロンドン・ダービー”が実現。今夏それぞれ新監督を迎えたプレミアリーグの強豪同士が激突した。アーセナルは、18歳のスミス・ロウやメスト・エジルがスタメン入り。チェルシーはアルバロ・モラタやペドロが先発出場した。

 試合は開始早々動く。5分、右CKからアントニオ・リュディガーがヘディングシュートを決め、チェルシーが先制に成功した。

 15分、チェルシーはPKのチャンスを得る。しかし、モラタのキックはアーセナルの守護神チェフがセーブした。

 その後もチェルシーがシュートチャンスを多く作るが、決定力を欠き追加点は生まれず。

 後半に入っても、両者プレシーズンマッチとは思えない激しい試合をみせるが、ゴールは生まれず試合は終盤へ。

 そして迎えた後半のアディショナルタイム、エジルのパスでサイドでフリーになったリース・ネルソンが速いクロスを中にいれると、ファーサイドでフリーのラカゼットが押し込み、土壇場でアーセナルが同点に追いついた。

 試合はPK戦にもつれ込むと、両者ともに5人目まで成功。すると、チェルシー6人目のロフタス・チークがチェフのセーブに合い、最後はアレックス・イウォビが決め、アーセナルが激闘を制した。

【スコア】
アーセナル 1-1(PK6-5) チェルシー

【得点者】
0-1 5分 アントニオ・リュディガー(チェルシー
1-1 90分+3分 アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング