2016.04.27

エクアドルサッカー連盟、大地震で中断の国内1部リーグを5月1日より再開へ

4月16日にエクアドルで大規模な地震が発生した [写真]=LatinContent/Getty Images
南米サッカーの今を日本語でお届けする南米サッカー情報サイト

 FEF(エクアドルサッカー連盟)は25日、国内1部リーグを5月1日に再開する意向を発表した。

 エクアドルでは、4月16日にエクアドル西部を震源とするマグニチュード7.8の巨大地震が発生。23日時点で死者は654人に上り、負傷者は1万人以上と甚大な災害となってしまった。この地震を受けて、1部リーグは第12節と第13節が中止・延期となっていた。

 今回発表されたスケジュールは、まず5月1日に急きょ中止した第12節の4試合を行い、5月4日には第13節の全試合を開催。以降の全試合もそれぞれ日程がスライドして行われる形となる。6月にアメリカで行われるコパ・アメリカの日程と国内リーグのそれとが重複しないような調整も進めているという。

 FEFのカルロス・ビジャシス会長は、今回の決定について「非常に生産的な会議を行った上でこの結論に至った。開催できないスタジアムもあるから、そこは代替会場を用意して全日程を消化できるようにする」と述べた。

(記事/Cartao Amarelo)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング