FOLLOW US

ネイマール不在のブラジル、南米予選黒星スタート…大陸王者チリが快勝

ブラジル代表を破ったチリ代表 [写真]=LatinContent/Getty Images

 ロシア・ワールドカップ2018 南米予選が8日に開幕し、チリ代表とブラジル代表が対戦した。

 今夏に行われたコパ・アメリカ2015で初の南米王者に輝いたチリ。大陸王者として臨む南米予選でも好調を維持したいところだ。一方、21大会連続のW杯出場を狙うブラジルは同大会で退場処分を受けたFWネイマールが予選2試合の出場停止処分を受けていて、エース不在のまま初戦に臨む。

 試合は0-0で迎えた72分、チリが右サイドでFKのチャンスを獲得する。キッカーのマティアス・フェルナンデスがクロスを送ると、ニアに飛び込んだエドゥアルド・バルガスがボレーで決め、ホームのチリが先制に成功した。

 さらに88分、アレクシス・サンチェスアルトゥーロ・ビダルとのパス交換からエリア内でボールを受け、右足でダイレクトシュート。一度は相手DFに当たったが、これを自ら押し込み追加点を奪った。このまま2-0でチリがブラジルを破り、南米予選の初戦を白星で飾った。一方、ブラジルは敵地で痛恨の敗戦を喫してしまった。

 13日に行われる第2節で、チリは敵地でペルーと、ブラジルはホームでベネズエラと対戦する。

【スコア】
チリ代表 2-0 ブラジル代表

【得点者】
1-0 72分 エドゥアルド・バルガス(チリ代表)
2-0 88分 アレクシス・サンチェス(チリ代表)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO