FOLLOW US

『F5WC』世界大会はモロッコが優勝…日本は惜しくも予選敗退

F5WC世界大会で日本代表はグループリーグで敗退 [写真]=Getty Images

 世界最大の5人制アマチュアサッカー大会「F5WC THE WORLD FOOTBALL FIVES」が、23日から25日までドバイで行われた。世界大会では各国で開催された予選を勝ち抜いた世界44か国の代表チームが集結。日本からは「アットホーム F5WC in JAPAN」で優勝した、“柴田工務店”が日本代表として参戦した。

 日本はループリーグでデンマーク、サウジアラビア、ルクセンブルクと対戦し、1勝2敗で終え、惜しくも敗退した。

 決勝トーナメントは、決勝でスペインをPK(5-4)で下したモロッコが初優勝。優勝したモロッコ代表チームは、6~7月に開催されるグローバルレジェンドシリーズに招待される予定となっている。

 また大会には、ディナモ・キエフやミランなどで活躍し、バロンドールも獲得した元ウクライナ代表選手のアンドリー・シェフチェンコ氏が来場。シェフチェンコ氏は「とても意義のある大会だと思う。多くの人にこうして戦える機会が与えられてうれしい。F5WCは非常に競技性の高いものだと思う」と語り、大会を盛り上げた。

【日本・結果】
第一試合: 日本 0-3 デンマーク
第二試合: 日本 2-1 サウジアラビア
第三試合: 日本 0-1 ルクセンブルク

【大会結果】
優勝: モロッコ
準優勝: スペイン
ベスト4: デンマーク、レバノン

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO