2015.03.02

南野は終盤に途中出場、ザルツブルクが3ゴールを奪い快勝を収める

 オーストリア・ブンデスリーガ第22節が1日に行われ、FW南野拓実が所属するザルツブルクとグレーディヒが対戦した。南野はベンチスタートとなった。

 前節、敵地でリートと引き分けに終わったザルツブルクは、2月26日にヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのビジャレアル戦を戦い、中2日でホームでの8位グレーディヒ戦を迎えた。

 試合はいきなり動くことに。キックオフから約30秒のところで、ザルツブルクが左サイドから攻めこむと、アンドレアス・ウルマー、ホナタン・ソリアーノと繋ぎ、最後はマルセル・ザビツァーが右足シュート。これがゴール右下に決まり、ザルツブルクが早速先行する。

 続いて7分にソリアーノ、8分にマルコ・ジュリチンとザルツブルクが連続でチャンスを得るが、グレーディヒの若き守護神チチャン・スタンコヴィッチが好セーブを見せ、追加点を許さない。

 さらに24分、クリスティアン・シュヴェグラーのパスからジュリチンがシュートを放つが、クロスバーに当ってしまう。

 最小失点で耐えしのいだグレーディヒに絶好のチャンスが訪れる。40分、グレーディヒのロングボールを処理する際に、ドイエ・カレタ・カルが転倒。これを拾ったトミ・コレアが、そのままキーパーとの一対一を制して同点ゴールを奪った。このまま1-1で前半を折り返す。

 後半、最初にチャンスを迎えたのはグレーディヒ。52分、フィリップ・フスペクのパスからクリストフ・マルチンコがミドルシュートを放つ。しかしこれはゴール左に外れた。

 追いつかれたザルツブルクも勝ち越し点を狙う。55分、ペナルティエリア内右からナビ・ケイタが右足シュート。しかしゴール左に逸れてしまった。しかし直後の59分、ソリアーノからパスを受けたナビ・ケイタがゴール前左から左足でシュート。今度はゴールに吸い込まれ、ザルツブルクが勝ち越しに成功する。

 さらに78分、グレーディヒに手痛いミスが起きてしまう。ここまで好セーブを見せてきたスタンコヴィッチが、バックパスの処理をミス。ザビツァーがボールを奪い、無人のゴールに流し込んで2点差をつける。

 ラッキーな得点でリードを広げたザルツブルクは、79分にヴァレンティーノ・ラザロに代えて南野を投入する。

 その後、グレーディヒは2名の退場者を出してしまい、反撃は難しくなる。

 このまま試合は終了し、ザルツブルクが3-1でグレーディヒを下した。なお、南野は79分から途中出場している。

【スコア】
ザルツブルク 3-1 グレーディヒ

【得点者】
1-0 1分 マルセル・ザビツァー(ザルツブルク)
1-1 40分 トミ・コレア(グレーディヒ)
2-1 59分 ナビ・ケイタ(ザルツブルク)
3-1 78分 マルセル・ザビツァー(ザルツブルク)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る