FOLLOW US

フル出場のスポルティング田中、先制点アシストも4戦連発ならず

 タッサ・ダ・リーガ(ポルトガルリーグカップ)第3ラウンドの第3節が21日に行われ、ベレネンセスとFW田中順也が所属するスポルティング・リスボンが対戦。公式戦3試合連続ゴール中の田中は先発出場した。

 試合はスポルティング・リスボンが先制。6分、スルーパスに抜け出した田中のアシストから、ライアン・ゴールドがシュートを決める。さらに、19分には再びゴールドが得点を奪い、序盤で2点のリードを手にした。

 しかし、38分に1点を返されたスポルティング・リスボンは、後半に入ると55分と61分に失点し、逆転を許してしまう。その後、反撃を試みたが得点を奪うことはできず、このまま2-3で敗戦を喫した。なお、田中はフル出場している。

【スコア】
ベレネンセス 3-2 スポルティング・リスボン

【得点】
0-1 6分 ライアン・ゴールド(スポルティング・リスボン)
0-2 19分 ライアン・ゴールド(スポルティング・リスボン)
1-2 38分 アベル・カマラ(ベレネンセス)
2-2 55分 ダルシオ・ゴメス(ベレネンセス)
3-2 61分 アベル・カマラ(ベレネンセス)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO